仕事が終わり、自転車で帰宅途中 スマホを片手に歩いている方を良く見かけます。おそらくポケモンGOをやっていると思います。私もハマっているのであまり人の事は言えない立場ですが、見かける人のほとんどがスマホを見ながら歩いています。その姿を見ていると首や肩が凝らないかと他人の事ながら心配です。 私は、歩いている時は、ヘッドホンでポケモンの出現を確認しポケットからスマホを出してポケモンを捕獲するというように 一応 私なりに身体への負担は気を付けています。

梅雨の時期に肩こり首こりが多くなると 以前、ブログにアップしましたが、覚えていらっしゃるでしょうか? 傘をさす動作にも首こり・肩こりの原因になるとお伝えしたことを・・・。

“スマホを見ながら歩く”この動作が傘をさす動作より更に首や肩に負担を掛けているのです。スマホをもつ動作は傘を持つ動作に似ています。スマホは 傘に比べて重くはないですが、肘を屈曲させる動作には変わりはないです。それだけでも首・肩へ負担が掛かっているのに、スマホを見る動作 つまり頭が俯いている状態が首・肩への負担を更に増幅させてしまうのです。

頭部前屈位での頚部への負担がどれくらい大きいものか調べた人がいて その結果を下の表にしました。頭の重さは体重の10%と言われています。仮に体重50㎏の人であれば頭の重さ5㎏として考えると。前屈位での頚部への負担これだけの負担が首肩に掛かることがお分かりい頂けたでしょうか? 何気なくしている行動でも身体への負担は大変大きくなるのです。それに加え夜暗い所でスマホをみる視神経への負担を考えると、脳へのストレスは、想像以上に大きくなります。ポケモンGOに限らず、仕事や私生活での日頃の姿勢などからも負担はおおきいと考えられますので 脳も疲弊してしまうのは当然だと思います。

家電や自動車など 乱暴に扱えば故障してしまいますが、正しい使い方をすれば長持ちします。それと同じく皆さんも身体にも意識をしてお気を付けください。