昨日、午後予約なしの飛び込みの60歳代男性のクライアントの方がお越しになりました。飛び込みは、よくあることで タイミング良く時間が空いていたので入って頂きました。お近くにお住まいかをお聞きしてみたところ、大阪市西淀川区からお越しになったとのことでした。通りすがりではなく、施術を受けるためにお越しになったとお聞きして こんな遠くまで 何故?と思い来店の経緯についてお聞きすると、ネットで疲れの原因を検索していたところ大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座 特任教授 梶本修身提唱の「すべての疲労は脳が原因」の記事を見て 凄く興味を抱き そのキーワードで検索して当店のホームページに辿り着いたと言うことでした。

問診で症状などをお聞きすると「どこが辛いわけじゃないが、全身ダル重い感じがする」と ただ強いて言えば左肩が上げると痛むと言うことでした。この症状はまさに「脳の疲れ」が原因

今回は脳神経を整えることをメインに施術をしました。そのクライアントさんがお帰りになった後 早速ネットで検索

『すべての疲れは「脳の疲れ」脳疲労をためない新習慣|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE』
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10437250Y6A201C1000000?channel=DF260120166496

明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった:疲れのマネジメント術:日経Gooday(グッデイ)http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/031800011/062400010/

内容を確認、記事の中には筋肉に疲労物質がなくても、脳に疲労物質がたまると筋肉に疲労を感じると言う文章を発見、頭蓋骨整体を始める切っ掛けとなった私自身の仮説「身体の疲れは脳の疲れ」が証明されたようで やっぱり間違っていなかったんだと感じる。