Line01

他府県から定期的に来店されるクライアント様

今回の不調(主訴)は右肩前面と肩甲骨内側縁周辺の痛みと張り感との事でした。

施術前の検査で両手を挙げてもらうと痛いはずの右肩より左肩の可動域に制限があり明らかに動きが悪く、全身も左に捩じれ、バランスが崩れている状態、検査の結果を伝えた後、主訴の右肩周辺には触れず、先ずは左腕、左掌の各関節をひとつひとつ調整及び筋膜リリースを施した後、右肩の不調の変化をみてもらうと 痛み・張り感が消失したようで、その時のクライアント様の一言「えっ、ぜんぜん痛くない。またかぁ」と・・・。

常々、患部に原因がないことを伝えていましたが、今回クライアント様自身は患部に原因があると考えていたようで思わず「またかぁ(やられたぁ)」と漏れたと様子でした。

クライアント様は「毎日、仕事で重い荷物を持つのは決まって左、だから左側が疲れていたのかなぁ、でも左肩・腕は何の不調も感じなかったのに」と

しかし、クライアント様ご自身で左手だけで荷物を持たず右手でもバランスよく持つようにしないといけないことに気付かれた様子。

この何でもない意識が身体を良い状態に導くものと私は考えます。