“ストレス”は生理に良くないってよく耳にします。
もちろん妊活されている方にもです。
なぜ、ストレスは生理や妊娠に良くないのか、漠然と知っているだけで理由は知らない方が多いと思います。
ストレスが生理や妊娠に与える影響は、色々な面から説明できますが、今回は抗ストレスに一番活躍する副腎についてお伝えします。

副腎は腎臓の上に位置し、生活の中でストレスを感じるとそれに対抗するため血圧、血糖値の調整などを行い、もう一つは性ホルモンの分泌、という2つの役割、働きがあります。

精神的、肉体的ストレスが続くと副腎はストレスホルモンの分泌を優先し性ホルモンの分泌が低下します。結果、性ホルモン分泌の乱れが卵巣機能低下に繋がり、当然生理不順にも関係してくるので妊娠もしにくくなります。

妊活中の方は基礎体温もバラツキが激しかったり、妊活中でない方も生理周期に乱れがある場合は副腎の働きが弱まっているかもしれませんね。

精神的なストレスは、職場やご近所仲間と自分を分ける境界線や通勤時の満員電車でのパーソナルスペースのない状態などだったりします。
周り人の評価、比較から離れて「自分は自分」と認識してあげるや時間に余裕をもって少し朝早く出掛けて満員電車をさけることも大事です

身体については、腸内環境悪化による腸内の炎症が副腎疲労の原因になっているケースもあります。
まずは、腸内環境を悪くするものを避けることから始めることをお勧めします。

腸内環境を悪くするもの
〇砂糖や人工甘味料(ジュース・チョコ・クッキーなど)
〇カフェイン(コーヒー・紅茶)
〇乳製品
〇食品添加物
〇お酒、たばこ
〇不必要な薬の服用

など、もっとたくさんありますが、絶対に食べないと頑張らずに、生理や妊娠に悪い影響を及ぼす可能性があると頭の片隅にでも置いておくだけでいいと思います。

池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から
多くの方に来店いただくBodyCare寛和堂
寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤(骨格)を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】