90%の女性が悩むPMS(月経前症候群)自覚している方も多いと思います。自覚してても、どうして良いか分からない、改善しないものと諦めている方も多いことでしょう。
しかし、原因を見つけて対処すると改善が見込めます。
PMSの症状として精神的・肉体的の二つに分けられます。

精神的なものでは、
イライラする、神経質・短気・憂鬱になる、ボーっとする。

肉体的なものでは、
頭痛、腹痛、不眠、眠気、吐き気、疲労感、冷え、肌荒れなど

意外と思い当たる症状がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

PMSが起こる原因はハッキリと解明されていません。それは、症状があまりにも多く症状の軽い人と重い人の差があまりにも大きいからです。
しかし、現在ではホルモンバランスの崩れが原因であるという考え方が一般的になってきています。代表的なもので一つは女性ホルモンの代表格であるエストロゲンとプロゲステロン二つ目は幸せホルモンと呼ばれるセロトニン、これらの分泌が乱れるために起こると考えられています。

〇エストロゲンの分泌が減ると興奮を抑え血管を収縮する役割をするセロトニンが減り脳の血管が広がり偏頭痛を起こす。
〇エストロゲンとプロゲステロンが共に減少するとホルモンの司令塔である視床下部の働きが悪くなる。

視床下部は「情動の脳」と言われ機能が低下するとイライラや情緒不安定になります。また、エストロゲンとプロゲステロンが減少しセロトニンの分泌が低下すると心理的トラブルを引き起こすことにつながります。

病院での診察を受ける場合、婦人科・心療内科になり生理周期や期間を尋ねられ、触診で子宮、肝臓、腎臓などの状態を診て検査では尿・血液検査でホルモンの値の検査、そして腹部超音波で子宮や卵巣の大きさや形、子宮内膜の厚みなどを診ます。その後治療に移るわけですが低用量ピルや精神薬などの薬物治療がメインです。薬物治療で頭痛、だるさ、吐き気、眠気などの副作用も少なくないようです。また、重い副作用になると血栓症になることがあるそうです。

『あたまと全身スッキリ整体』でできること
寛和堂がPMSに対して行うアプローチは
頭蓋骨へのアプローチで視床下部を安定させ、背骨・骨盤を整え中枢神経(自律神経・運動神経)の流れ、そして内蔵へのアプローチで内蔵機能向上を図り、ホルモンバランスを整えていきます。

「生理不全と診断を受けていたが正常に戻った」
「閉経したものと思っていたが、普通に戻った」
と多くの方から喜びの声を頂いています。

宝塚市の 歌劇団の娘役トップスターもプライベートで来店するBodyCare寛和堂
池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から多くの方に来店されます
寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤(骨格)を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】