月経のある女性の10人に1人が罹患すると言われる「子宮内膜症」
この子宮内膜症によく似た病気に「子宮腺筋症」があります。

子宮内膜症と同様「子宮内膜に似た組織」いわゆる「異所性の子宮内膜」が原因。
子宮内膜症は、子宮機能低下のため月経血の逆流が起こり子宮内膜の組織が子宮内腔の上皮以外の場所(卵巣・卵管・子宮周囲の腹膜)に運ばれ「異所性の子宮内膜」が増殖・剥離を繰り返します。
それに対して子宮腺筋症は、「異所性の子宮内膜」が子宮の筋肉層(子宮壁内に入り込み増殖する病気です。。

子宮腺筋症の症状
生理痛 ・・・月経時に感じるひどい痛み
過多月経・・・月経血量が多くなります
  ・・・過多月経のため貧血になりやすくなる
不妊
生理周期に伴い子宮筋層に入り込んだ「異所性の子宮内膜」は増殖を繰り返すので生理を重ねるごとに痛み・月経過多がひどくなります。

上記のような症状がひどく感じる場合は、早期に病院での受信をお勧めします。

治療法
●薬物療法
低用量ピルなどの服用で生理痛を軽減・異所性の子宮内膜の増殖を制御する効果のみで“薬物療法では根治できない”と言われています。
●手術療法
この療法には「子宮全摘出」「子宮腺筋症病巣除去術・子宮腺筋症核出術」カテーテルによる「子宮動脈塞栓術」があります。
・子宮全摘出
  ~妊娠を望まなく根治を目的とする
・子宮腺筋症病巣除去術・子宮腺筋症核出術
  ~子宮温存し異所性の子宮内膜、その増殖した部位飲み取り除く手術
・子宮動脈塞栓術
  ~病巣部分に通じる血管を塞いで血流を遮断、壊死・縮小させる。

子宮腺筋症手術

子宮温存を目的とした手術は妊娠時子宮破裂の可能性があり、妊婦に対する安全性が確立されていないため、これから妊娠を希望する女性には行わない方が良いという指摘があると言われています。

寛和堂の『あたまと全身スッキリ整体』でできること
本来、内蔵機能が正常であれば免疫・代謝機能が働き「異所性の子宮内膜組織」は入り込めないのですが、入り込んで増殖するのは内蔵機能が弱まり免疫・代謝機能も低下している可能性があります。ホルモン分泌を司り自律神経の最高中枢である視床下部へのアプローチで全身を本来の状態へ導きます。

 

宝塚市の 歌劇団の娘役トップスターもプライベートで来店するBodyCare寛和堂
池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から多くの方に来店されます
寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤(骨格)を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】