膝痛・変形性質関節症について
整形外科へ診察に訪れる患者さんの訴えのなかで膝の痛みは腰痛の次に多いそうです。変形性室関節症の患者さんは予備群を含めると、男性860万人女性1670万人、実に50歳以上の2人に1人が変形性膝関節症と言われています。
高齢化が進むに連れてその患者さんの数は増え、原因もさまざまです。
最近では、年齢のせいだと諦めていた方も積極的に病院で治療をうける方も増えてきているそうです。
40歳を過ぎたらだれもが罹患する可能性がある病気で、過去に膝にケガをした経験のある方、運動不足になりがちな主婦の方、デスクワークの多い方、姿勢の悪い方、肥満気味の方などは注意が必要です。

変形性膝関節症の症状
変形性膝関節症は膝の関節の軟骨が傷つき、関節に炎症が起こり痛みが生じる病気で、膝関節を動かしたとき軟骨が衝撃を吸収できず強い痛みが生じます。
30歳代から徐々に増えてきており50歳以上の女性が多く60歳代の女性では40%、70歳代の女性では70%の方が悩まされています。
変形性膝関節症に掛かると膝が痛みため歩かなくなり、足の筋肉も衰え機能低下につながり更に膝、軟骨への負担が大きくなるという負の連鎖が続くことになります。
病院でも治療は、シップなどの貼り薬、ロキソニンなどの鎮痛剤、膝への注射などという炎症や痛みを抑える対処療法です。

変形性膝関節の原因
変形性膝関節の原因はハッキリと分かっていないのが現状です。
長期間、膝に負担が掛かること膝関節のクッション機能を果たす軟骨に傷がつくことが最も有力視されているようです。

一般的に言われる原因として
●加齢によるもの
●肥満によるもの
●姿勢によるもの
●運動不足によるもの
●性別によるもの(女性に多く発症)

と考えられていますが、今まで多くの膝に不調を抱える方を施術した中でなぜ、軟骨が傷つくのか?膝関節・軟骨への負荷が大きくなるのか?

資料などで原因をしらべてみると膝関節・軟骨への過剰な負担という文言ばかり、そこで考査してみました。そして一つの仮説にたどり着きました。

一般的な膝への負担として
●歩行・走行時 体重の約3倍
●ジャンプした時 体重の6倍
と言われています。

しかし、これは体重が膝へ掛ける負担であって過剰な負担とは考えにくく、もっと別に負担があると考えます。
なぜならスポーツ選手は一般の人より走ったり飛んだりと試合や練習で膝を酷使していますが全てのスポーツ選手が膝を痛めているでしょうか?

その過剰な負担とは姿勢です。姿勢が大きな関りを持ち膝への一般的に言われている負担を更に過剰にさせていると考えます。

前回腰痛の原因でもお伝えした顎を前に突き出す姿勢です。
“顎を前に突き出す姿勢”がなぜ?膝関節への負担が増えるのか?
頭の重さ6kg頭が前方に7㎝傾くと首には約3倍の18Kgの負担が掛かります。体軸重心が前方へずれると前に倒れないよう膝を曲げバランスを取ります。
その結果、膝関節を跨ぎ付着する筋肉(太もも・ふくらはぎ)が緊張するため膝関節も骨同士が圧着され、そして軟骨も部面接触でなく分的な点接触となり軟骨への負荷が過剰になると考えます。

筋肉の作用

特に女性の場合は、O脚の方がが多いため更に軟骨部への負担が増し発症しやすくなると考えます。

太もも・ふくらはぎの筋肉が緊張し続け硬くなると筋肉は機能せず、関節もを動かせなくなってしまうだけでなく、更に関節周辺組織内の腱やじん帯・関節包・軟骨の硬化を招きその中の滑液の質も低下して、関節が動かせなくなってしまいます。

将来、膝関節症にならないためにも立った時しっかり膝が伸びてるか、顎が突き出ていないか、また俯いた状態でないかを意識する必要があると思います。意識しても膝が伸びない、顎を引く姿勢が辛く感じるのは全身のバランスが崩れている証です。自然に正しい姿勢ができ、体軸重心が整える事ができるのは寛和堂の『あたまと全身スッキリ整体』だけ。また、その姿勢を維持するためのアドバイスもします。身体の不調は体軸重心のバランスが崩れが原因です。

既に膝関節に問題をお持ちの方でも膝関節周囲の筋肉をほぐし整え体軸重心のバランスを整える事で痛みの軽減につながります。

池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から
多くの方に来店いただくBodyCare寛和堂

寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤そして体軸重心を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】