一昨日、3月14日に初めて来店された箕面市在住、競輪選手の男性、2回目の来店

前回の施術後の調子を伺うと、“以前受けていたところでは夜になることには鼠径部の違和感が戻っていたが、今も違和感すら感じない”という事で、結果が良かったようで一安心してると“あっそれと、自転車に乗っている時も以前は、ペダルを足でこ漕いでいる感じだったのが全身で漕いでいる感じに変わりスピードの乗りが違っていた”と言われ、体軸重心が整うと筋肉機能にも良い影響が出ことが実証されたようで自信なりました。

今回の不調は、生活にはまったく支障はないが、ストレッチで腰をひねると可動域限界まで行くと右腰辺りに張り感を感じるという事でした。
(やっぱり一般の方という事が違うなぁと感じる)

触診すると右足太ももの筋肉(大腿直筋)に僅かな張りがあり、ふくらはぎ(下腿部)・股関節からアプローチで調整。

大腿直筋調整後の検査では変化はあるものの若干の張り感が残る

大腿直筋の付着部を考え骨盤に問題?から仙腸関節の動き?が考えられ

仙腸関節へのアプローチに移る。

側臥位(横向きに寝る体位)になってもらい仙腸関節を拇指(親指)軽くタッチ。

再度検査して張り感の消滅を確認。

その後はいつものように頭蓋骨整体から体軸重心を整えて脳幹へのアプローチ スッキリして頂きました。

今回の可動域限界近くの張り感は大腿直筋の張りから骨盤右仙腸関節の動きを制限掛けていたために右腰部に張り感を感じたものと考えられる。仙腸関節・大腿直筋