3月中旬から来店する箕面市在住の競輪選手
昨日、ネットからの予約
今回主訴、腰痛。

問診時、“ギックリ腰になりました”と
よくよく、お話を伺うと
当店の施術を受けて以来、調子よくなり、
調子に乗り過ぎて
4月4日に佐世保でのレース後、そのまま車で帰路に立ち
途中パーキングエリアで2時間ほどの仮眠のみで
帰宅後、睡眠不足のなか 家庭菜園での畑仕事
その際、腰に違和感を感じるがそのまま続けた後、床に就く
起床時、腰に痛みを覚え、痛み止め薬、シップでしのぐ

睡眠は身体を回復させる大切な時間であり、“無理は禁物”であることを伝える

ギックリ腰ではなく、緊張するレースの後、長時間の運転、そして睡眠不足のなか畑仕事の腰を屈めた長時間の姿勢という腰への負担からくる腰部筋肉の緊張に因るものと仮説を立てる

触診に移る

腰部触診
前回・前々回のしなやかな状態でなく、膝周辺筋肉
一般の腰痛の方と同レベルの状態特に腰方形筋に硬結を認める
しかし、
しばらく軽く触れているとスルスルっと緩んでいく感じ取れたので
動きやすい状態にし、ベッドに仰臥位(仰向き)になってもらう(違和感有)

下肢(足)の下腿部(ふくらはぎ)・大腿部(太もも)への触診
腰部筋肉とは違い全体的に“しなやかさ”はあるが、
左右膝周辺の筋肉(赤丸)の部位に硬結が認めらる

腰方形筋と腸腓骨筋の筋膜組織の繋がりを考え大腿二頭筋長頭・短頭の硬結の関連性もあることから、長腓骨筋への施術

30分程度の施術で痛み、違和感消滅を確認し頭蓋への施術に移る

施術中、身体の変化について話をしていると

以前の記事に、“足でペダルを踏む感覚は全身で踏む感覚に変化した”と伝えましたが、今回は“成績にも変化が”というお話を頂きました。

ブログでは、クライアントさんの主観的な感覚を言葉でしかお伝え出来ませんが競輪の選手は身体を使う仕事であり、成績にも直接反映されます。

昨日の施術中、和歌山でのレース参戦依頼の連絡があり、急遽 レースの参戦が決まり
施術後、“グッドタイミング”と言葉を残され慌てて帰られました。ブログへ名前を出す許可は頂いていませんが競輪〇〇〇選手成績で検索するとKEIRIN.jpホームページでその〇〇選手の成績が確認できました。

その方の成績の変化を確認すると施術を受け始めてからの成績が上がっているのが確認できました。(18/03/16福井のレース以降の成績アップ)
この方の得意とするスタートから先頭に立ち、そのまま逃げ切ると言った駆け引きに
当店の全身の機能のパフォーマンスアップさせる施術がマッチしたのか、これからのレースの成績に微力ながらお役に立てれば・・・。
と感じる1日でした。

KEIRIN.JPホームページより抜粋競輪成績