肩こり・腰痛が慢性になるメカニズム

慢性化とは?

肩や腰の痛みが3ヶ月以上続くと慢性的な肩こり・腰痛と言われるようになります。

繰り返しも慢性化

慢性的な痛みには、“患部に異常がないのに痛みが続く”“患部の異常が治ったのに痛みが続く”の2タイプあると言われる。また、“痛みが和らいだり酷くなったりと繰り返す”ケースも慢性的に含まれる

 慢性化した肩こり・腰痛の原因はストレスが原因

痛みを和らげるしくみ慢性化したコリや痛みは、“痛みを和らげるメカニズムと深く関係”があり、患部からの痛みの信号が脳に伝わりドーパミンという神経物質が放出されると脳内でμオビオイドという物質が多量に放出されることで神経伝達物質であるセロトニン・ノルアドレナリンが放出します。

放出したセロトニン・ノルアドレナリンが痛みの信号を脳に伝える経路を遮断し痛みを和らげる働きをする

脳が疲弊するとストレスなどで脳が疲れていると脳内でドーパミンが放出されにくくなり痛みが長引いたり、わずかな痛みでも強く感じるようになる。

慢性的な痛みの問題点は、悪循環を起こしやすくします。

悪循環

脳の疲労、また痛みの原因へのアプローチしないまま患部への施術を繰り返していると、効果・改善が見られず施術への不満・不安がストレスとなり悪循環を起こします

また、この状態が長期になると脳は慢性化した不調を正常な状態と認識してしまい、回復させる機能が働かなくなってしまいます

寛和堂の『あたまと全身スッキリ整体』。頭蓋骨への施術は、自律神経の最大中枢である視床・視床下部などから構成される間脳へのアプローチで脳機能、自律神経などの活性化を図り、ツライ患部も原因部位へのアプローチ・施術で不調を取り除いていきます。