先日の7月9日、神戸の新開地にあるバー“ドグール”という店でアームレスリングの練習会がありました。その店にはアームレスリング台があるらしくアームレスラーが集いお酒を飲みながら腕の力自慢を競うそうです。
そこへ未成年の次男克也と三男翔太が参加。もちろん、飲み物はアップルジュース!!だったと

三男翔太は、今期末試験の真っ最中。
なのに、テスト勉強はそっちのけで、学校の試験が終わると次男と途中の駅で待ち合わせで午後5時から練習会に参加。

二人そろって帰宅したのが午後11時過ぎ、帰るなり二人とも“あーっ、手首が痛い”と力自慢ばかりの中での練習。肩、腕、肘、手首にはかなりの疲労

二人ともお風呂上りに腕へのケアの施術。翌朝には、回復したのか何事もなかったかのように、普通通り登校。

7月16日に須磨海浜公園かっぱ天国でアームレスリングの大会があるらしく、全国から猛者たちが集まるそうです。

前回、次男は、三戦目で敗退、当時中学生だった三男は最年少での参加で初戦敗退。

大会前には全身のケアをして骨格アライメントを整え、筋出力100%にして大会に臨ませたいと思います。

三男は、今は、次男とイイ勝負ということなので初戦突破を願いつつ、去年大会の3か月後に次男とアームレスリングの勝負中に頭痛に、クモ膜下出血の原因となる脳底動脈解離の発症という既往歴があるので、再発しないことを願う。

動画は、昨年の大会のダイジェスト。一昨年の大会で次男が初出場、出場最年少記録樹立で当時のアナウンスで“スーパー高校生”と紹介される。

そして昨年の大会でも三男は当時中学生で史上最年少での参加ということで記録を更に塗り替える。次男三男で二年連続で出場最年少記録を塗り替える