気象庁からは、災害レベルと発表されているこの暑さ
熱中症の疑いのある搬送者が後を絶ちません。
連日、ニュースで搬送者数や死亡者数が発表されています。

夏休みに入った小学校でも生徒が楽しみにしてるプール解放も気温・水温が高くお風呂に入っているような状態で“のぼせる”ということから中止しているところもあるようです。

熱中症対策で水分補給、塩分補給は欠かせないですね

熱中症の原因について
気温が高く体温が下がりにくい環境で起こるカラダの異常を熱中症と言います。

以前では、暑さや炎天下で気分が悪くなって倒れるといった状態を日射病とまた、重症度に応じて熱疲労・熱けいれん・熱射病と言われていました。

しかし、高温多湿なこの時期以外でも熱中症になる恐れがあることから2017年に上記のの症状を一括りに“熱中症”と言われるようになりました。

熱中症の原因
気温の高い状況で体温調節機能が低下し異常に体温が上昇することで体内に熱が溜まってしまうことです。

普段、カラダに熱が溜まらないように体温調節機能が働き、汗や皮膚温度を上げて体外に熱を放出しています。

その機能を働かせるのは自律神経なのです。

熱中症になる多くは高齢者、その原因は、“この異常な暑さを感じていない”ということなのです。脳や神経が疲労して感覚異常を起こしている証です。

熱中症の症状として“めまい・たちくらみ・筋肉のけいれん・真っ直ぐ歩けない”など、自律神経の不調が起こす症状です。

普段の生活でのストレスにより脳や神経(自律神経)が疲労しているため普段にない高温多湿の環境に対応できなくなっているものと考えます。

1時間でも早く床に就きしっかり睡眠をとり脳神経の疲労を回復させるのも熱中症対策になります。
暑く寝苦しい毎日が続きますが、エアコンを利用して、ご自身でも工夫してみてください。

寝るための環境を整えても寝付きが悪く、目覚めが悪い方は、自律神経が既に疲労状態かも? 薬の服用より自律神経への効果が期待できる整体をお受けになることをお勧めします。