昨日、6回目の来店された池田市在住40代女性。2回目施術時回数券購入

初めての来店が6月19日 主訴 左足指付け根が痛む

歩くと痛みが起こりその痛みが治らないという事で週1回ペースで施術を受ける

 施術内容

頭蓋骨より体軸重心・神経伝達を そして踵・足部の骨格調整からの筋膜リリース整体

昨日の問診で、今までの施術毎に痛みは軽くなり、痛まない時もある、痛みを感じてもしばらくすると治るということで、当店の目標とする“治るカラダ”近づいているご様子でした。

今回は、クーラーの効いた涼しい部屋に長時間いると痛みを感じ始める

触診時左足、長趾屈筋にハリを確認、押圧するとかなりの痛みがあり足指付け根の痛みは長趾屈筋の緊張による血行不良によるものと評価

長趾屈筋の過緊張の原因を探るべく

骨盤、脚長を触診視診すると骨盤ASIS(上前腸骨棘)の位置(下図赤丸)に大きく差のある捻じれに対し脚長差はほんのわずか。立位では骨盤歪みは確認されない(歪みのない状態)

その原因を探ると仙骨にねじれと歪みがあり、頭蓋骨への触診では、骨盤に関連する頭蓋骨の一部にねじれを確認する。

今回の施術は、頭蓋骨へのアプローチによる体軸重心・骨盤及び仙骨調整足関節の調整で長趾屈筋の弛緩させるといった内容。

施術後、痛みの消失を確認、体軸重心も本来の位置に、目はまぶたがしっかり開くようになったご様子でした。

上前腸骨棘(ASIS)

kotubann

 足関節(画像右足)

踵骨
立方骨
第5中足骨
第1中足骨
内側楔状骨

sokukannseti

長趾屈筋

長趾屈筋