池田市石橋在住とてもスポーティーな50代女性

学生時代バレーボールをして腰痛には全く縁がなかったが社会人になってから腰に痛みを感じ始める。仕事場の 友人知人から紹介された整骨院へ行き腰を揉みマッサージする施術を受けていたが良くなったという実感がなかったと。

主訴 腰痛

普段の生活には、違和感はあるもののあまり気にならないが就寝時、寝返りをしたとき痛みを感じ目が覚める。起床時はつらく痛むがしばらくすると治まる

 問診・触診・視診・評価

“20歳になり社会人として働くようになってからの腰痛を感じるようになった”と聞き、先ず“ストレスが原因”と考える。頭蓋骨・骨盤・かかと”にねじれを認めたことから頭蓋骨のねじれによる背骨・骨盤の歪みからくる体軸重心のズレ・足関節歪みからくる足部周辺筋肉の過緊張。それらの状態が患部への負担を増加させ、疲労が蓄積、痛みを感じさせる原因と評価 問診中“ポッコリお腹が気になるの言葉に内臓下垂を原因の一つと追加する

施術内容

骨盤に大きくねじれがあるため頭蓋骨への施術の前に仰臥位(仰向け)の状態で深く深呼吸を3回してもらうだけという負担を掛けない優しい施術で骨盤・脚長調整(施術後のビフォーは下の動画で)

施術終了後の女性感想~骨盤が締まった感じがする

 骨盤・脚長調整で整った状態を定着させるために仰臥位の状態のまま頭蓋骨への施術

“骨盤の歪みの原因”となる頭蓋骨を構成する一部の骨を調整し本来の状態に戻すことで自律神経を含む神経系をコントロールする脳幹へのアプローチし活性化を促す。

頭蓋骨全体へのアプローチで、体軸重心を本来の位置

女性に立位状態 体軸重心の位置変化を確認(腰痛み減少)。ふらつかずしっかり立てるとの感想

足関節(踵骨・距骨)への施術後、筋膜リリース整体・内臓整体へと移行 左足関節正常化を図る。

体軸重心・足関節・筋膜リリース・内臓へのアプローチすべての施術後 足関節ビフォーアフター画像(左足の向きにご注目)

腰の痛みは、更に減少するが消滅しないと言うことで上部頸椎へのアプローチで神経伝達の調整で痛みの消滅を図る

翌日、施術の結果確認の電話を入れる。施術後、買い物に出掛け歩いていても違和感もなくなり夜もぐっすり眠れたとの事。

今回のケースは、社会人になってからのストレスの蓄積により頭蓋骨・骨格(背骨・骨盤)が歪み体軸重心のズレが生じ、かかとのズレ(変位)が足部筋肉を緊張させ腰への負担増大したもの

ストレスの多い仕事・生活が身体を歪ませ頭痛・肩こり・腰痛、女性では生理痛・生理不順・不妊症などにも繋がります。

早め、早めに身体へのケアも心がけることが大切です。