院長ブログ

スマートホンサム(ママズサム)ってご存知ですか?


9月13日放送のNHK“ためしてガッテン”でも紹介されたスマートフォンサム。親指の使い過ぎに因る、手首の痛み(腱鞘炎)がここ最近急増しているようです。

スマートフォンサムの“サム”とは?「親指」のことで スマートフォンユーザーでも腱鞘炎になる人ならない人っているそうで、その違いはスマートフォンを親指で操作する人、しない人の違いらしいです。

番組では、スマートフォンの操作を親指で操作する人が要注意だそうです。スマートフォンの画面上を親指で滑らせたりはじいたりする「フリック」がよくないとか。親指を酷使することで腱をまとめている鞘の部分に炎症が起きて腱鞘炎になると紹介していました。皆さんも親指の使い過ぎにに注意して下さい。人差し指を使うと予防になるそうです。

 

先日、当店のリピータ(50代女性)が海外旅行へ行く前に体のケアをと、来店されました。いつものように肩・首・下肢への施術をしていると、思い出したかのように夕食を作っている時、左手で鍋を持った時手首に痛みが走ったと言われ、触診したところ いわゆる腱鞘炎。原因は脊椎のズレに因るもので、脊椎を触診すると頚椎・胸椎の辺りでズレがあり、そのズレを整えた後、手首の痛みに変化を確認し、肩・肘・手首・手指の関節調整、上部頸椎から神経伝達を整え痛み消滅を確認。

スマートフォンサムの原因も親指の使い過ぎだけが原因でないかもしれません。スマートフォンを操作する時の姿勢。以前にもブログにアップしたことがありますが(下図)「スマートフォンネック」にも大きく関わっており「頸椎のズレ→神経伝達不調→筋肉への負担増→炎症→痛み」の可能性も否定できません。

痛い部位だけでなく、身体全体をトータルで診ていくことも必要だと考えます。

前屈位での頚部への負担

 

 

“めまい”でお悩みの40歳代女性


昨日、午前中に“めまいで、常にフワフワ感がしてフラフラして困っている”との問い合わせの電話がありました。当店のリピーターさんからの紹介でした。

午後にお越しになり問診で話を伺うと在宅で洋裁をしており、裁断では中腰になったり 縫物をしてると夢中になり俯いた姿勢が長時間続くらしく問診中の姿勢も背中が丸くなり猫背も見受けられ、首肩もかなり凝っているようでした。座っている間も上半身は前後左右に揺れ動きめまいもひどい様子でした。

座位で変化を体感しやすい肩・首への施術から始める。腕の各関節・捩じれを調整し肩を解した後、頚部斜角筋を緩めるため小胸筋へアプローチ。するとクライアントの女性に変化が、“気分が悪くなった”と言われ施術を一時中断。考えられる原因は頚部の筋肉が緩み血管が拡張し血流が良くなり脳の変化によるものと、いわゆる好転反応。(今までにも何度もありました。)

気分の回復を待って、自律神経へのアプローチ。慎重に様子を診ながら、前頭骨・後頭骨・蝶形骨の順に調整。脳脊髄液の循環を促すため頭蓋骨の拡張収縮の協調する施術。その後、立位でふらつきの変化の確認するもベッドから立ち上がるとふらつきがひどくなり すぐに座り込んでしまい立てない状態に。症状に変化が現れる。そのまま伏臥位になってもい頭蓋骨の調整で脊柱の捻じれ(重心軸)を整え中枢神経の働きを促す施術を行った後、再度 立位でふらつきを確認。今回はしっかり立てたものの僅かなふらつきを確認。仰臥位で上部頸椎を調整し神経伝達を整えた後 再検査、立位でふらつきを確認。僅かなふらつきも無くなりクライアントの女性の表情も明るくなる。

今回のクライアントの症状の原因(仮説)を考えてみました。

めまいと聞くと聴覚の三半規管の不調が先ず考えられます。電話で問い合わせがあった時には、私もそれを考えました。しかし来店され問診でクライアントの様子、表情、話の内容から脳の疲弊に因るもの判断。上に記したように自律神経へのアプローチから始めました。自律神経の乱れを整えふらつきの再検査、頭蓋骨からの骨格(重心軸)を整え再検査、上部頸椎からの神経伝達を整え再検査と三つのカテゴリーに分け施術・再検査をしました。

ふらつき(めまい)の原因として脳の疲弊に因り各器官から集められた情報を脳が処理しきれず命令の伝達にタイムラグが生じた事でめまい・ふらつきが起こったものと考えられる。例えば、遊園地でからくりハウスなどに入った後、出てきた時には少しの間平衡感覚を失いフラフラになったことは、誰もが体験したと思います。元気な脳であればすぐに正常に戻るが、この女性の場合は脳に疲弊があったため正常に戻れず、常にフラフラ感があったものと考えられる。

私が考える不調の原因5つのうちこの女性の場合4つ当てはまったことになるが、自律神経の乱れから自覚症状はないものの内蔵機能も低下していたと考えられる。頭蓋骨整体は、自律神経の働きを大きく促すので5項目の内蔵機能も向上します。

1 脳の疲れ・神経伝達の乱れ

2 脳脊髄液、血液、リンパなどの体液循環不良

3 体軸(重心軸)のズレ

4 骨格の捩じれ

5 内蔵機能の低下

股関節周辺の痛み40歳代男性


毎週定期的にお越しになる40歳代男性。 一週間のうち大半が出張で自宅に帰れないという大変なお仕事。移動も新幹線や飛行機などで座っている状態が長く、いつも全身への施術を120分コースで受けられています。 最近仕事が忙しく、定期的にお越しいただけない状態が続き、一昨日久し振りにご予約の連絡があり施術しました。

一昨日は、とにかく左股関節周辺部から骨盤上部に激しい痛みが走り、出張先で夜も寝れない状態が続いたと言う事でした。

視診で身体全体が左に傾いていたので 足の裏に感じる体の重みの位置を確認で お聞きすると内踝の下辺り(本来の位置)に感じるということだったので、その感覚を記憶してもらい検査触診に移る。筋膜の繋がりを考え左長腓骨筋に触れると筋硬結があり押圧すると主訴の痛みに変化があったので長腓骨筋にアプローチ、筋硬結が消滅したところで主訴の変化の確認。主訴の痛みが無くなり楽になる。

主訴の原因の一つである骨格の捻じれを整えるために頭蓋骨整体に移る。後頭下筋群から頚部周辺筋肉を緩め、前頭骨→蝶形骨→後頭骨→側頭骨の順で調整し全身の骨格・自律神経を整える 施術後の再検査で足の裏に感じる位置を確認すると施術前の感覚とは違い本来の位置にしっかりと重みを感じるようになったと変化を確認。施術前の足の裏の感覚については、前回の記事(病気になるプロセス)でも記した感覚異常になっていたと考えられる。

股関節周辺

病気になるプロセス


本日お越しになったクライアント、40代女性。

問診で主訴を伺うと、フラフラして日常生活に支障が出ていると言う。昨年8月頃からふらつき始め、今までに耳鼻科、神経内科、脳外科さまざまな病院で診察を受けるが原因が不明でCT、レントゲンでも異常は見られず、自律神経に因るものだろうと言われ、薬を服用していると言う事で 事務の仕事にも差支えることになり、数か月前に退職を余儀なくされたそうです。そうなった経緯をおききすると同時期に家族事で悩み事があったらしく、その時のストレスが余程身体にダメージを及ぼしていたのだろうと言うことでした。

その悩み事も解決し、少し気が楽になると身体の不調が更に酷くなり不眠症、腸炎などになり 病院通いが続いているという事でした。それでも症状の改善がなく鍼灸・整骨院・整体院へも数か月通われ なかなか改善せず今回当店への来店に至ったそうです。

身体がこの状態が続くと、新しい仕事を見つけることができないだけでなく、例え仕事が見つかったとしても 周囲に迷惑を掛けてしまうのではないかと不安になってしまうし、精神的にも滅入ってしまうようになっているとお困りのようでした。

下表のように病気になるには、プロセスがあります。今まで多くのセミナー等に参加して、講義をうけても大半は骨格:筋肉の捩じれから始まると言う事で、その骨格・筋肉の捩じれの原因には触れられてていません。

今回のクライアントの女性は、感覚異常の位置にあり、病院の診察では原因不明と言われ、今の状態のまま改善が見られない状態が続くと いずれ機能障害・器質障害と進行しやがて診断名がつく病気や精神的疾患にもなる可能性も否めません。

身体に痛み、違和感を感じられた時には、早めに身体へのメンテナンスをお勧めします。病気になってからでは治癒するまでに時間が掛かります。また入院となるとその期間は働けなくなるので生活に支障が生じる恐れがあるかもしれません。

病気のプロセス

過敏性腸症候群への施術


8月上旬に、30代男性より電話にてお問合せがありました。内容はお腹の調子が悪く下痢気味が続き病院で診察を受けると過敏性腸症候群と診断され、自律神経の不調によるものだと言われたそうです。薬を処方してもらいそれを毎日服用しているが改善がみられず3か月が経つとの事でした。寝ても寝た気がせず、前日の疲れが取れず、困って自律神経のキーワードで検索して当店のサイトを見ての問い合わせでした。 来店いただき 問診でお話を伺うと、仕事でかなりのストレスがあるようで筋肉も全身強張り 頭蓋骨(学術呼称とうがいこつ)も捩れがある状態であり、脳も疲弊している状態と考えられ、また全身の骨格も捩れがあり体軸もズレている状態でした。その旨をお伝えし施術メニューを伺うと「お任せする」という事でしたので頭蓋骨・筋膜リリース整体90分で施術を行いました。先ずは、筋膜リリース整体で筋肉を弛緩しやすい状態にし、そして頭蓋骨整体へ移り頭蓋骨の捩じれを本来の状態に戻すのですが頭蓋骨の捩じれが大きくそれを本来の状態に戻してしまうと脳に大きな変化を与えることになり 好転反応が大きく出ると考えられるため、翌日の仕事の事を考え、自律神経に影響を与える後頭骨の調整を中心に施術を行いました。頭頂骨、側頭骨への調整は軽く行い頭の形の変化を確認してもらいました。

10日程経った頃、2回目の来店、その後の様子を伺うと、施術後数日間お腹の調子の良い状態が続いたという事でした。しかし、再び調子が悪くなってきた頃、当店の施術料金が高額に感じたのか、他の整体院で整体を受けた話をされました。その店でも「お任せする」と伝えたところ そこでの施術は副交感神経を促し内臓機能を促進させる足裏への施術だったそうです。しかし、気持ちが良かったが 翌日お腹の状態に変化がなく、当店へ来店されたそうです。

足裏への施術は、もちろん当店でも行っている施術です。足の裏への施術での効果もあり、改善することは十分にあります。しかし、この男性の場合はストレスで脳の疲弊に因る自律神経の不調です。神経には自律神経・運動神経・感覚神経などさまざまにありますがそういった神経は脳の命令を伝える命令系統でしかありません。命令を出す脳に捩じれなどが生じ疲弊している状態で正しい命令が出せるとは考えにくいと考えます。

2回目の施術の後、初回の施術後に回数券の旨を伝えていたので その男性から回数券購入の申し出があり、6回分の回数券を購入されて帰宅されました。

jiritushinkei

脳が疲弊してしまうと身体の不調に繋がってしまいます。交感神経・副交感神経の切り替えができず、寝ても寝た気がしない、しっかり寝たのに疲れが取れないと言うのは、脳が疲弊しているかもしれません。

感覚異常が感じられた方は、病気になる前に早めのケアをお勧めします。

クライアント様の声 LINEより(意識は身体に変化を与える)


Line01

他府県から定期的に来店されるクライアント様

今回の不調(主訴)は右肩前面と肩甲骨内側縁周辺の痛みと張り感との事でした。

施術前の検査で両手を挙げてもらうと痛いはずの右肩より左肩の可動域に制限があり明らかに動きが悪く、全身も左に捩じれ、バランスが崩れている状態、検査の結果を伝えた後、主訴の右肩周辺には触れず、先ずは左腕、左掌の各関節をひとつひとつ調整及び筋膜リリースを施した後、右肩の不調の変化をみてもらうと 痛み・張り感が消失したようで、その時のクライアント様の一言「えっ、ぜんぜん痛くない。またかぁ」と・・・。

常々、患部に原因がないことを伝えていましたが、今回クライアント様自身は患部に原因があると考えていたようで思わず「またかぁ(やられたぁ)」と漏れたと様子でした。

クライアント様は「毎日、仕事で重い荷物を持つのは決まって左、だから左側が疲れていたのかなぁ、でも左肩・腕は何の不調も感じなかったのに」と

しかし、クライアント様ご自身で左手だけで荷物を持たず右手でもバランスよく持つようにしないといけないことに気付かれた様子。

この何でもない意識が身体を良い状態に導くものと私は考えます。

 

 

中学校学年同窓会で


昨日7月16日より池田市市民文化会館イベントスペースにて中学校の学年同窓会があり、参加しました。

久し振りに会った友人、名前と顔が一致せず・・・( ̄▽ ̄;)

参加者全員の近況報告後 近くに座っていた三重県鈴鹿市から参加の同窓生が トレーニングジムで筋力トレーニングしていると最近右肩に痛みが走り 指先までしびれた感じがして それから普段でもそんな症状が続くと 病院に行っても良くなる気配はない、医師からは「原因はわからないから、少し休めた方が良いのでは」と言われたがトレーニングは続けたい。大丈夫かな?と質問を受けたので、不調の状況などを聞き、筋肉の疲労から来る痛みではなく 神経から来る痛みと考え、 肩・肘・手首の関節を調整、掌を押圧し僧帽筋上部線維を緩めると言った施術を約1分。

これでどう?少しは楽になった? 腕を回す友人「あれ、痛くない えっえっ何で?」と驚いた様子 それを見ていた周囲からゴッドハンドという声もちらほら。お盆に帰省し池田に戻った時予約を受けました。 チョットした宣伝になったかなぁ?、

頭蓋骨整体の必要性


昨日、午後予約なしの飛び込みの60歳代男性のクライアントの方がお越しになりました。飛び込みは、よくあることで タイミング良く時間が空いていたので入って頂きました。お近くにお住まいかをお聞きしてみたところ、大阪市西淀川区からお越しになったとのことでした。通りすがりではなく、施術を受けるためにお越しになったとお聞きして こんな遠くまで 何故?と思い来店の経緯についてお聞きすると、ネットで疲れの原因を検索していたところ大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座 特任教授 梶本修身提唱の「すべての疲労は脳が原因」の記事を見て 凄く興味を抱き そのキーワードで検索して当店のホームページに辿り着いたと言うことでした。

問診で症状などをお聞きすると「どこが辛いわけじゃないが、全身ダル重い感じがする」と ただ強いて言えば左肩が上げると痛むと言うことでした。この症状はまさに「脳の疲れ」が原因

今回は脳神経を整えることをメインに施術をしました。そのクライアントさんがお帰りになった後 早速ネットで検索

『すべての疲れは「脳の疲れ」脳疲労をためない新習慣|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE』
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10437250Y6A201C1000000?channel=DF260120166496

明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった:疲れのマネジメント術:日経Gooday(グッデイ)http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/031800011/062400010/

内容を確認、記事の中には筋肉に疲労物質がなくても、脳に疲労物質がたまると筋肉に疲労を感じると言う文章を発見、頭蓋骨整体を始める切っ掛けとなった私自身の仮説「身体の疲れは脳の疲れ」が証明されたようで やっぱり間違っていなかったんだと感じる。

FaceBookより


当店のリピーターさん

普段から身体を気を付けて、当店へお越しになる以前から整形外科・整骨院へ通われています。当店へお越しになるようになってからも親しくされていることから現在も通われているとのこと。

当店にお越しになると『こちらで施術を受けると、本当に身体が回復できたと実感できます』と仰って頂いています。

施術家冥利に尽きます。

 

Fb_coment3

門真市40歳代男性への施術


 

昨年10月メールでの問い合わせがありました。

当店での行っている肋骨への調整メニューに関心を持って頂けたそうで メールの内容は少し太り気味でダイエットに挑戦、成功したと言うことでしたが お腹周辺が痩せた分、肋骨下部の出っ張りが気になりだしたと言うことでした。

幼い頃から猫背で姿勢が悪くその頃から出っ張りがあったようでした。

私の息子も同じような状態でしたが改善した内容を伝える返信しました。

 

それから1年近く経ち 私もすっかり忘れていたのですが、その方から 先日ネット予約で予約が入り 昨日ご来店されました。

受付表に記載して頂いた住所を見て ビックリ!わざわざ門真市からのご来店でした。

問診でお話を伺っている時の姿勢は本人が言う通り猫背でしたし、側弯にもなっており背骨は生理的弯曲はなく、完全にCの字になっていました。

座位で本来の正しい姿勢に整えると腰・腹にツッパリ感があり その姿勢を保持するのはとても困難だと言うことで 腰椎の前弯を形成するに必要な大腰筋が機能していないのではと考え、早速ベッドで仰臥位に そして大腰筋を押圧するとかなりの痛み。

先ずは、頭蓋骨整体で自律神経・背骨・体軸を整えた後、大腿部・下退部の筋肉、そして股関節の捩じれを調整。その後、大腰筋へのアプローチ。痛みは軽減されたようで さらに深部にまでしっかりと緩める。その後、上腕外側(上腕二・三頭筋)筋間中隔への押圧で 肋椎関節、肋間筋を調整し肋骨の動きを整える。

 

施術前に体軸がしっかりと整うと足の裏のどの辺りに体重が集まるかを伝え、施術前に足の裏の感覚を確認。 そして施術後ベッドから降りた際、施術前・後の足の裏の感覚の違いを確認。(前後左右に押してもふらつきがないことも確認)

また、肋骨の出っ張りも少し無くなったと言うことでした。ビフォーアフターの写真も掲載しようと考えていたのですが、 施術中にビフォーを撮り忘れていたことに気付き、止む無く断念 今回はナシ(チョット残念)

1 / 512345
Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.