子宮トラブル

子宮内膜症は子宮からのSOS?!


先日、Facebook“池田市の輪”を見たという女性が3人来店されました。
皆さん一様に生理での悩みでした。子宮筋腫・子宮内膜症で病院へ通院中
処方される薬はホルモンを主成分とするピルを服用。子宮のリセットのためいうこと。
お三方とも背骨や骨盤に問題を抱えていたため頭蓋骨への施術で骨格・脳・神経を整えた後、内蔵整体で肝臓へアプローチすると今まで、機能していなかったのか急に動き始めグルグル、グルグルと鳴り出し、中には施術が終わるまでずっとなり続けていた方もいらっしゃいました。。
先の記事でも子宮内膜症になる背景として月経時に古くなった子宮内膜が確実に排出されず、その残った内膜組織が子宮内以外の場所で付着、内膜を発生させる。組織の付着を防御する働きが免疫機能で肝臓や脾臓が働くことで機能することについてはお伝えた通りです。

肝臓・脾臓の疲労が軽減されることで働きはじめ免疫機能が活発になれば子宮筋腫・子宮内膜も早期消滅に向かうかも?!

子宮内膜症は子宮からのサインです。
“内蔵がしっかり機能していませんよ!子宮が疲れていますよ!”

〇月経血量が増えた
〇痛み止めを服用しないとつらくなる生理痛
心当たりはありませんか?
もし、そうなら滞っている可能性があります。

不妊症への影響ですが軽い症状であれば心配はいりませんが、卵管を詰まらせることがあるので受精や着床の妨げになり自然妊娠はしづらくなるかも知れません。

病院での治療は、ピルを服用し子宮を妊娠時と同じにして機能を制限し内膜が薄くなるの待って徐々に改善させます。しかし子宮を含め内蔵はすべての臓器がバランスを取り合って機能しているので内蔵機能は低下してしまいます。副作用の症状としてフワフワ感や食欲不振・意欲減退など様々です。来店されたお三方も同じ症状でした。
この治療法は、妊娠を望まない方に用いられ、妊活中の方の場合、摘出手術をします。

寛和堂では、体が正しい生理ができるよう骨格、筋肉、内蔵、神経へアプローチします。
骨格や筋肉にねじれや歪みがあると血行を悪くし、内蔵への負担も大きくなり疲労させてしまいます。
全身すべてを整える事ですべての臓器や組織が機能し免疫もしっかり働き、ご自身で内膜を排出することができるようになり生理不順や生理痛の改善が望めます。

池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から
多くの方に来店いただくBodyCare寛和堂
寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤(骨格)を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】

子宮内膜症になったら…。対処法


前回、子宮内膜増殖症の危険性についてお伝えしましたが、今回は子宮内膜症の改善するための選択肢についてお伝えします。
現在、女性10人に1人の割合で患っていると言われてる子宮内膜症。
子宮内膜症=不妊と考える人も多いと思います。
実際、不妊治療をうけている方でも子宮内膜症の方が多く見られ、妊活されていない方でも子宮内膜症と診断されて、どうしていいかわからない方も多いと思います。

子宮内膜症はナゼできるのか?
はっきりとした原因は現代の医学でも分かっていません。
“ストレスによる疲労で子宮の機能が低下し生理の際、子宮が月経血をしっかり排出できず残ってしまい、そして残った月経血が逆流することで卵管や卵巣、直腸に内膜の組織が付着してできてしまう。”
また、“子宮の機能の低下で何らかの形で子孫を繁栄させようとした結果、子宮以外のところにできてしまう”とも考えられています。
本来、子宮内にできる内膜が子宮内以外にできるのは、異所性のものと言えます。
本来であれば異所性のものができると免疫機能や代謝機能が働き内膜を作らせないのですが、それらの機能が低下していると内膜を作らせてしまう場合があります。

“子宮内膜症だと妊娠できないのか?”
軽い症状であれば妊娠に影響はないのですが、卵管にできると炎症を起こし卵管を詰まらせる可能性があります。また、免疫・代謝機能の低下も考えられ妊娠以前に体調を崩し様々な不調や症状が起こり結果的に妊娠しにくい状態であることは間違いないと思います。

病院での治療
病院での治療は薬物療法手術療法のどちらかです。
妊娠を希望しない方には薬物療法、妊娠を希望する方には手術療法です。
薬物療法、の場合主にピルを使用します。

ピルには着床に不可欠な子宮内膜を育てないようにする女性ホルモンが含まれており症状を軽減させます。しかし、ホルモンバランスを崩す原因にもなりますので長期間の服用は避けるべきです。

妊娠を望む方には手術によって内膜を摘出する方法を勧めることが多いですが、手術で摘出しても再発する可能性はあります。

手術以外の方法もあります。その方法は整体です。
子宮内膜症は、先にお伝えしたように子宮内以外にできる異所性のもの。
免疫・代謝機能がしっかりと働けばできなくなり、できたものは消滅します。免疫・代謝は肝臓・脾臓・腸の機能が主になります。整体でこれらの内蔵機能を向上させることで内膜や炎症を消滅させるだけでなく、ホルモンバランスも整い生理の際の排泄機能も向上し子宮の環境が整います。

ご自身でもできる内蔵機能向上法
内蔵は副交感神経によって支配されています。
副交感神経は疲労した身体を治す神経です。リラックスすることをお勧めします。リラックスするコツは深呼吸。ストレスが溜まると呼吸は浅くなってしまいますので、意識してやってみてください。「大きく吸って~吐いて~」と。 これなら何時でも何処でもできます。注意していただきたいのは、吸うときよりも吐くときの時間は長くです。息を吐くときが副交感神経にスイッチが切り替わるタイミングです。

池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から多くの方に来店いただくBodyCare寛和堂

 

寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では脳(脳幹)・自律神経・内蔵・骨盤(骨格)を整える事でストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。

ご相談はLINEでも受け付けます。【LINEコード;0727357764】

 

 

 

 

子宮内膜増殖症ってご存知ですか?


子宮内膜

子宮内膜とは、子宮内側にある上皮組織「機能層」と呼ばれる部分が排卵後に受精卵の着床に

子宮内膜症備えて厚くなり、受精卵が着床しなかった場合、剥がれて経血となって月経時に排出されます。

 

よく耳にする子宮内膜症は子宮内膜に似た組織が何らかの原因で子宮以外の場所、卵巣・管や子宮周囲の腹膜、ときには子宮から離れた肺などで増殖し炎症や痛み、癒着を引き起こす病気。

症状として
・年齢と共に強くなる生理痛
・不妊
・生理時以外の腹痛、腰痛、性交通、排便痛

卵巣に内膜が増殖すると内膜の性質上月経時に出血が起こり、出血は排

チョコレート嚢胞a出されず卵に貯留し嚢胞を形成します。出血は時間の経過と共に茶褐色したチョコレートとのように変化するためチョコレート嚢胞と診断名が付けられています。

 

それに対し子宮内膜増殖症とは、子宮内での子宮内膜の過剰増殖によって起こる病気です。
子宮内膜増殖症には、組織の腺細胞が正常でその数だけが異常に増えている場合、腺細胞に異常があり数が増えている場合の二つに分類され、後者を子宮内膜異型増殖症と区別して呼びます。
さらに、「子宮内膜増殖症」「子宮内膜異型増殖症」それぞれを、腺細胞の構造に変化の有無によって「単純」「複雑」の二つに分類されます。

●単純型子宮内膜増殖症
●複雑型子宮内膜増殖症

●単純型子宮内膜異型増殖症
●複雑型子宮内膜異型増殖症

「日本産婦人科学会」の「産婦人科 診療ガイドライン婦人科外来2014」によると子宮内膜増殖症は8割は自然に退縮するが、子宮内膜異型増殖症の場合には、「子宮体癌」の0期と診断され、癌化のリスクが子宮内膜増殖症よりも高くなります。

子宮内膜増殖症

●単純型子宮内膜増殖症の癌化「1%」
●複雑型子宮内膜増殖症の癌化「3%」
●単純型子宮内膜異型増殖症の癌化「8.3%」
●複雑型子宮内膜異型増殖症の癌化「21.4%」

子宮内膜増殖症になる原因
子宮内膜はエストロゲンというホルモンの分泌によって増殖します。
その働きを抑えるプロゲステロンとのホルモンバランスが崩れてしまうと子宮内膜の増殖・剥離の機能が働かなくなってしまい、エストロゲンが過剰に働き子宮内膜が過剰に増殖してしまいます。
エストロゲンが過剰に優位になってしまう

原因として
無排卵
エストロゲンの働きを抑えるプロゲステロンは卵巣で作られますが、排卵がないとプロゲステロンの分泌が極端に少なくなる
エストロゲンを成分とする薬の長期の服用
婦人科系の病気で処方される薬を長期の服用や過剰に服用すると、エストロゲンの働きが過剰に優位になる。
黄体機能不全
プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ黄体から分泌されます。黄体が機能不全になるとプロゲステロンの分泌が減少しエストロゲンが優位に働きます。

子宮内膜増殖症の症状として
症状として特徴的なのは「出血」です。月経血量が増え血の塊のようなものが混じることもあります。月経時以外の出血も多くそのため貧血、倦怠感などを引き起こします。
▽過多月経
▽不正性器出血
▽貧血
▽倦怠感
▽動悸
▽不妊

子宮内膜増殖症は、自覚症状だけでは診断することは難しい病気と言われています。子宮内膜異型増殖症は子宮癌としての治療が必要になります。
過多月経や不正出血ある方は病院で精密検査を受けてください。

BodyCare 寛和堂では頭蓋骨・自律神経・内臓へアプローチする「あたあまと全身スッキリ整体」不妊整体の「こうのとり整体」で全身すべての機能を向上させストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げ、婦人科系疾患の予防に そして子宝に恵まれるよう努めていきます。

 

 

子宮筋腫の改善策について


子宮筋腫って小さくできるの?

30代~40代の方に多い子宮筋腫。4人に1人は大きさは異なりますが子宮にできる良性の腫瘍、
命に関わるほどの病気ではありませんが、稀に悪性に進行するものもあります。

子宮は3層に分かれ内側から粘膜層、筋層、しょう層と分かれており、筋腫のできる部位に
よって症状も異なります。
1、筋層内筋腫
最も多い筋腫で子宮の壁、つまり子宮の筋肉が一部大きくなっている状態です。下腹部を触
れるとシコリがあるように感じます。2つ、3つと複数の筋腫があれば大きくなるとソフト
ボール大の大きなシコリを感じます。
症状は、月経過多(月経血の量が多い)・生理痛 筋腫が大きくなっても日常生活で違和感を感
じないこともあります。
2、しょう膜下筋腫
子宮の外側にでき大きくなるので触っても分かりづらく症状が表れにくいため気付きにくい
のが特徴。
3、粘膜下筋腫
このタイプの発生は稀で、子宮の内側へ向かって大きくなります。

子宮筋腫の原因
生理が来る前の子供には筋腫の発症はなく、閉経後には筋腫が小さくなることから女性ホルモンのエストロゲンが原因であると一般的に言われています。

では、病院での治療法は?
●女性ホルモン(エストロゲン)の働きを抑える薬の服用
●筋腫の摘出手術
●子宮の全摘手術

病院での治療や処置が必要な場合もありますが、これらの治療法には全摘手術受ける以外に再発のリスクがあります。
子宮筋腫は良性であり妊娠に影響を与えるだけなので“今すぐに妊娠を希望しない”場合は経過観察(様子を見ましょう)になってしまうことが多いようです。

子宮筋腫の改善に導くためにBodyCare寛和堂が考える施術のポイント
「人体の60兆個あると言われる細胞老廃物・疲労物質の排泄機能を高める」
「血行を促し冷えを改善免疫機能を高める」
「生理周期・ホルモンバランスを整える」

これら3つのポイントがクリアできることで子宮筋腫の改善に、再発リスクの軽減につながると考えます。

子宮筋腫の改善、再発防止のための3つの改善策

1、食事に使用する油を変える
ビタミンDは、アメリカの研究によるとビタミンDの濃度が高い女性は低い女性と比べると子宮筋腫のリスクが32%低いというデータがありビタミンDは子宮筋腫の改善に有効とされています。ビタミンDは魚・キノコ類に含まれていますが、日光を浴びることで皮膚でも合成されます。しっかり日光を浴びていればビタミンDが不足することはないのです。
日焼け止めクリームを使用して日焼け対策されると合成しづらくなるので気を付けて下さい。
皮膚でビタミンDが合成される際、その原料となるのがコレステロールなのです。
質の良いビタミンDを生成するには質の良いコレステロールが必要となるのでオメガ3のα-リノレン酸が豊富な油「アマニ油」を摂ることが大切になってきます。また、子宮の収縮や炎暑を抑え子宮を柔らかくする作用もあるといわれています。
子宮の炎症を加速や子宮を硬くするサラダ油やチョコレート、スナック菓子、マヨネーズに含まれ、発がん性が示唆されているトランス脂肪酸の脂は摂らないでください。

2.内蔵の機能をあげる
寛和堂が整体で行うこと
ビタミンDはそのまま力を発揮しません。肝臓・腎臓で活性型ビタミンDとなってパワーアッ
プして働きますし、ビタミンDの原材料となるコレステロールは肝臓で作ってくれるのです。
また、ビタミンDを吸収するのは腸なので腸内環境の改善も必要になってくるので寛和堂が
しっかり施術します。
施術以外の方法は、しっかりと咀嚼し食べ、1日2食にダラダラ食べることは避け内蔵を適度
に休めてあげることも大切です。

3、ストレスコントロールする
最も大切な理由は生理・ホルモンバランスに大きな影響を与えます。
ストレスで交感神経が優位に立つと子宮、卵巣、その他の内蔵への血流が低下し、手足など
末端が冷えてしまいます。我慢・辛抱は禁物です。リラックスすることが最も大切になりま
す。

 不安・不明点がありましたら、いつでもご相談ください。

Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.