ブログ

お喜びの声 口コミサイト エキテンより


ekiten14

喜びの声 エキテンより


 

ekiten13

頭蓋骨整体の必要性


昨日、午後予約なしの飛び込みの60歳代男性のクライアントの方がお越しになりました。飛び込みは、よくあることで タイミング良く時間が空いていたので入って頂きました。お近くにお住まいかをお聞きしてみたところ、大阪市西淀川区からお越しになったとのことでした。通りすがりではなく、施術を受けるためにお越しになったとお聞きして こんな遠くまで 何故?と思い来店の経緯についてお聞きすると、ネットで疲れの原因を検索していたところ大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座 特任教授 梶本修身提唱の「すべての疲労は脳が原因」の記事を見て 凄く興味を抱き そのキーワードで検索して当店のホームページに辿り着いたと言うことでした。

問診で症状などをお聞きすると「どこが辛いわけじゃないが、全身ダル重い感じがする」と ただ強いて言えば左肩が上げると痛むと言うことでした。この症状はまさに「脳の疲れ」が原因

今回は脳神経を整えることをメインに施術をしました。そのクライアントさんがお帰りになった後 早速ネットで検索

『すべての疲れは「脳の疲れ」脳疲労をためない新習慣|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE』
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10437250Y6A201C1000000?channel=DF260120166496

明らかになった疲労の正体!肉体疲労と頭の疲労は同じだった:疲れのマネジメント術:日経Gooday(グッデイ)http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/031800011/062400010/

内容を確認、記事の中には筋肉に疲労物質がなくても、脳に疲労物質がたまると筋肉に疲労を感じると言う文章を発見、頭蓋骨整体を始める切っ掛けとなった私自身の仮説「身体の疲れは脳の疲れ」が証明されたようで やっぱり間違っていなかったんだと感じる。

口コミサイト”エキテン゛よりお喜びの声を頂きました。


前回アップしたみたらしダンゴさんから多くご紹介頂いた中のお一人 みたらしダンゴさん同様、回数券を購入頂いています。

現在2週間に一度のペースでお越しになります。 翌日仕事場では、同僚たちに何も言わなくても顔や姿勢を見て”寛和堂さんに行ってきた?”と言われるそうです。 ご紹介頂いたみたらしダンゴさんも仰っていました。仕事場では女性仲間の間ではチョットした変化も見逃さないくらいお互いを観察していると。 そのような環境だからこそ 施術後の変化をより実感でき、また周囲の仲間の間でも寛和堂が話題になるのだなぁと・・・。

ekiten12

左わき腹痛みへの施術


  昨日、頭蓋骨整体のファンになって戴いている複数のクライアントの一人50の女性

当店へ初めてお越しになる以前、数か月前 左わき腹に夜も寝れないくらいの痛みがあったと、今ではその痛みも治まったが、体を動かした際少し気になる感覚があるとのことでした。 その部位を教えていただき、触診をすると左前鋸筋全体的には比較的良い状態でしたが、ほんの一部に周囲の状態と少し違った感覚を感じた箇所がありました。そのポイントを押圧し確認すると、その部位に違和感を感じるという事でした。 以前に激しい痛みを感じた元凶がここであることを説明、今も尚、その元凶であった部位は完全に回復していないと伝える。

左前鋸筋の元凶である部位の原因を探る。筋膜の繋がりを考え腰方形筋へアプローチ、押圧し変化を確認すると違和感が消滅したと確認を取り、腰方形筋への施術を・・・。腰方形筋を緩めるため筋膜の繋がりから左長腓骨筋へアプローチ 腰方形筋を触診しながら 左超腓骨筋を緩め触診する部位が緩まったことを確認。 クライアントにわき腹に感じる違和感が完全消失したことを確認してもらう。

左わき腹の痛み、違和感の原因は左超腓骨筋にありました。

施術の中で、わき腹が痛いときに病菌を疑い、病院へも行ったそうなのですが レントゲンなどを撮り骨には異常ないから原因が判らないと言い、湿布薬・痛み止めを処方するだけであまり効果がなかったという事でした。

病院は、辛く痛い部位しか診ないため、原因は他の部位あると原因不明になるようです。

前鋸筋腰方形筋長腓骨棋院

またまた、口コミサイト『エキテン』に新しい投稿


ekiten11

口コミサイト『エキテン』に新しい投稿がありました。


先日、当校のあった方からのご紹介で ご来店頂いた方です。ekiten10

口コミサイト『エキテン』に新しい投稿がありました。


ekiten09

 

FaceBookより


当店のリピーターさん

普段から身体を気を付けて、当店へお越しになる以前から整形外科・整骨院へ通われています。当店へお越しになるようになってからも親しくされていることから現在も通われているとのこと。

当店にお越しになると『こちらで施術を受けると、本当に身体が回復できたと実感できます』と仰って頂いています。

施術家冥利に尽きます。

 

Fb_coment3

門真市40歳代男性への施術


 

昨年10月メールでの問い合わせがありました。

当店での行っている肋骨への調整メニューに関心を持って頂けたそうで メールの内容は少し太り気味でダイエットに挑戦、成功したと言うことでしたが お腹周辺が痩せた分、肋骨下部の出っ張りが気になりだしたと言うことでした。

幼い頃から猫背で姿勢が悪くその頃から出っ張りがあったようでした。

私の息子も同じような状態でしたが改善した内容を伝える返信しました。

 

それから1年近く経ち 私もすっかり忘れていたのですが、その方から 先日ネット予約で予約が入り 昨日ご来店されました。

受付表に記載して頂いた住所を見て ビックリ!わざわざ門真市からのご来店でした。

問診でお話を伺っている時の姿勢は本人が言う通り猫背でしたし、側弯にもなっており背骨は生理的弯曲はなく、完全にCの字になっていました。

座位で本来の正しい姿勢に整えると腰・腹にツッパリ感があり その姿勢を保持するのはとても困難だと言うことで 腰椎の前弯を形成するに必要な大腰筋が機能していないのではと考え、早速ベッドで仰臥位に そして大腰筋を押圧するとかなりの痛み。

先ずは、頭蓋骨整体で自律神経・背骨・体軸を整えた後、大腿部・下退部の筋肉、そして股関節の捩じれを調整。その後、大腰筋へのアプローチ。痛みは軽減されたようで さらに深部にまでしっかりと緩める。その後、上腕外側(上腕二・三頭筋)筋間中隔への押圧で 肋椎関節、肋間筋を調整し肋骨の動きを整える。

 

施術前に体軸がしっかりと整うと足の裏のどの辺りに体重が集まるかを伝え、施術前に足の裏の感覚を確認。 そして施術後ベッドから降りた際、施術前・後の足の裏の感覚の違いを確認。(前後左右に押してもふらつきがないことも確認)

また、肋骨の出っ張りも少し無くなったと言うことでした。ビフォーアフターの写真も掲載しようと考えていたのですが、 施術中にビフォーを撮り忘れていたことに気付き、止む無く断念 今回はナシ(チョット残念)

1 / 1212345...10...最後 »
Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.