前回、子宮内膜増殖症の危険性についてお伝えしましたが、今回は子宮内膜症の改善するための選択肢についてお伝えします。
現在、女性10人に1人の割合で患っていると言われてる子宮内膜症。
子宮内膜症=不妊と考える人も多いと思います。
実際、不妊治療をうけている方でも子宮内膜症の方が多く見られ、妊活されていない方でも子宮内膜症と診断されて、どうしていいかわからない方も多いと思います。

子宮内膜症はナゼできるのか?
はっきりとした原因は現代の医学でも分かっていません。
“ストレスによる疲労で子宮の機能が低下し生理の際、子宮が月経血をしっかり排出できず残ってしまい、そして残った月経血が逆流することで卵管や卵巣、直腸に内膜の組織が付着してできてしまう。”
また、“子宮の機能の低下で何らかの形で子孫を繁栄させようとした結果、子宮以外のところにできてしまう”とも考えられています。
本来、子宮内にできる内膜が子宮内以外にできるのは、異所性のものと言えます。
本来であれば異所性のものができると免疫機能や代謝機能が働き内膜を作らせないのですが、それらの機能が低下していると内膜を作らせてしまう場合があります。

“子宮内膜症だと妊娠できないのか?”
軽い症状であれば妊娠に影響はないのですが、卵管にできると炎症を起こし卵管を詰まらせる可能性があります。また、免疫・代謝機能の低下も考えられ妊娠以前に体調を崩し様々な不調や症状が起こり結果的に妊娠しにくい状態であることは間違いないと思います。

病院での治療
病院での治療は薬物療法手術療法のどちらかです。
妊娠を希望しない方には薬物療法、妊娠を希望する方には手術療法です。
薬物療法、の場合主にピルを使用します。

ピルには着床に不可欠な子宮内膜を育てないようにする女性ホルモンが含まれており症状を軽減させます。しかし、ホルモンバランスを崩す原因にもなりますので長期間の服用は避けるべきです。

妊娠を望む方には手術によって内膜を摘出する方法を勧めることが多いですが、手術で摘出しても再発する可能性はあります。

手術以外の方法もあります。その方法は整体です。
子宮内膜症は、先にお伝えしたように子宮内以外にできる異所性のもの。
免疫・代謝機能がしっかりと働けばできなくなり、できたものは消滅します。免疫・代謝は肝臓・脾臓・腸の機能が主になります。整体でこれらの内蔵機能を向上させることで内膜や炎症を消滅させるだけでなく、ホルモンバランスも整い生理の際の排泄機能も向上し子宮の環境が整います。

ご自身でもできる内蔵機能向上法
内蔵は副交感神経によって支配されています。
副交感神経は疲労した身体を治す神経です。リラックスすることをお勧めします。リラックスするコツは深呼吸。ストレスが溜まると呼吸は浅くなってしまいますので、意識してやってみてください。「大きく吸って~吐いて~」と。 これなら何時でも何処でもできます。注意していただきたいのは、吸うときよりも吐くときの時間は長くです。息を吐くときが副交感神経にスイッチが切り替わるタイミングです。

池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から多くの方に来店いただくBodyCare寛和堂

 

寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では脳(脳幹)・自律神経・内蔵・骨盤(骨格)を整える事でストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。

ご相談はLINEでも受け付けます。【LINEコード;0727357764】