70歳歳男性

2017年12月に初来店、以来定期的に来店。

初来店時の施術中、話の中で私が小学生の頃、学校行事での林間学舎で三田にあるお寺に行った時にお手伝いで参加されていたボーイスカウトの方のお一人でした。私の当時担任だった先生の名前もご存知で、担任の先生とバイクに二人乗りで買い出しに出掛け その道中で転倒したというエピソードも話され 世間って狭いものだと感じました。

その方が先日お越しになりました。

主訴〜右肩から首にかけてハリ感

問診。触診、視診の結果    歩行時右足親指付け根に痛みを感じるということから、その痛みを無意識のうちにかばうため右足がバランスを崩し歪みが生じ足部筋肉の過緊張によるものと評価。

施術内容〜右踵骨のねじれの矯正、右膝関節の調整

右肩から首にかけてのハリ感消滅を確認する

 

20代後半男性  職業トラック運転手

主訴〜腕が挙がらない

問診、触診、視診

肩が挙がらなくなり病院で診察を受けるが原因不明と言われ湿布薬を処方してくれたが 数日経っても良くなららず、当店にお越しになる。

実際に腕を上げてもらうと肩関節および肩甲骨可動域に減少が診られ肩の高さまでも挙がらず、トラックへの乗り降りにも支障が出る状態でした。

力を入れずリラックスした状態で私がか腕を挙げると挙がる事を確認。

関節の動きによる痛みでないことから肩周辺の筋肉の硬縮によるものと評価

視診で右足ヒザに変位を認める(X脚)

触診すると右前脛骨筋に硬縮を認める。

原因として長時間の大型トラックの運転の際、スピード速度調節のためアクセルペダルの踏み加減調節のため前脛骨筋に疲労が蓄積され硬縮し膝を変位させたものと考察。

施術は、肩甲骨との繋がる筋膜ラテラルラインを意識しながら右前脛骨筋の弛緩を目的とした踵骨・膝関節変位矯正

頭蓋骨へのアプローチで神経系・体軸重心を整える。

施術終了時、状態に変化は確認できず、施術後にも変化し続ける事を伝える。

約1週間後再来店。前回の施術結果を聞くと一時的には重だるくなったが3日後の朝には痛みなく普通に挙がるようになったそうです。