寛和堂は例年通り5回目のゴールデンウィークも休まず施術をやっていました。

寛和堂も13年11月にオープンして5年6ヶ月、お客様への施術、そして施術の技術向上のための勉強に明け暮れる毎日、あっと言う間に過ぎたような気がします。

今回のゴールデンウィーク初日に寛和堂オープン初日ご来店第1号のお客様が5年ぶりに来店されました。

主訴は膝の痛みでした。

いつもの様に踵へのアプローチで足部全体の筋肉を弛緩、踵・膝関節調整後 あたまの整体により体軸重心を整え膝への負担軽減を図ったところ膝の痛みが消滅。

お客様は長期に苦しんだ痛みが無くなった事に そして施術中の心地良さと施術の進化に只々驚かれたご様子。

“こんな施術なら是非、実家の父にも受けさせてやりたい”と言われ、現在のお父さまのご様子を説明し、往診施術の日時を調整し予約を取って帰られました。

翌々日、お聞きした池田市内にある住所へ往診施術に伺いました。

お父さまは、85歳の元畳職人。

自宅ビル4階にあるご自身の部屋にはエアロバイクがありました。

身体が思うように動かず階段の上り下りが危なくできないため外出もできず、一日中家にいらっしゃるそうでした。

そのため運動になるよう部屋を歩き回ったり エアロバイクでご自身のできる範囲、無理のない運動を心掛けているようでした。

問診と触診

問診でいろいろとお話を伺うと

数年前に脳梗塞を2回発症されてから身体が怠重く思うように動かなくなり、夜も足の怠重さから熟睡できずにすぐ目が覚めてしまうと

そして、脳梗塞を発症する以前のようにひとりで宝塚に住むひ孫娘に会いに行けるよになりたいと目標を持っていらっしゃいました。

ご自身でも体を動かすことを意識されている理由が理解できました。

その目標が叶えられるよう微力ながらお手伝いができればと思う。

足部への触診

太もも裏に一部硬結している部位を認める。

硬結といっても筋が硬くなっているような状態で脳梗塞の後遺症。神経の伝達が悪くなり、痙縮を起こしていると評価、脳神経、特に錐体路の流れを整えることを重点においた施術を行う。

施術後、行動の一部に速度の変化が診られ週2回ペースで次回の予約を頂きました。

施術中、施術後の様子を見た奥さんも施術を希望されたので受けて戴きました。

その結果、自宅がビルなので生活に不可欠な階段の上り下りが大変軽くなり楽になったと 喜んでいただけました。

翌日、紹介を頂いた娘さんから“施術を受けた夜はグッスリ眠ることができた”との連絡をいただきました。

 寛和堂の施術は脳梗塞などの後遺症が起因する不調も改善される可能性があります、ご家族の中にそういう方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。外出できな状態でしたらこちらから伺い施術いたします。簡易施術ベッドを持参しますので人一人寝れるスペースがあれば大丈夫。

ご家族に負担になる介護も軽減できるかもしれません。

池田市内なら往診手数料無料!! 65歳以上なら一回4000円と低価格で