自己回復機能の促進、無限の可能性

頭蓋骨調整は、頭蓋骨のバランスを整え本来の状態に戻し、脳脊髄液(髄液)の循環を促進させるものです。

本日来院された、K.Fさん(75歳)は昨年、2月ごろに散歩中転倒され病院に搬送されたそうです。そのときには顎に受傷されその手当てのみで帰られたそうですが、その2日後に今度は、突然体が動かなくなり横断歩道上で転倒そのまま意識を無くされたそうです。意識を取り戻したときには病院、検査などが済んだ後医師から、硬膜下血腫と診断されたそうです。1回目の転倒で硬膜下血腫の発症、2日後の転倒時に脳への圧迫が始まり、機能障害、意識障害が起きたということでした。緊急手術を受け血腫を除去したそうなのですが、完全には取り除けず今月まで毎月病院に通院、血腫の経過観察だったそうです。

当院へ初めて来院されたのが、先月5月22日主訴は足腰に力は入らずしっかりと歩けないということでしたので、神経伝達と頭蓋骨調整の施術をお勧めし、それからは週1回ペースで本日5回目の来院、今では杖なしでしっかりと歩けるようになったということで、効果が出てきているのだと確信してました。が、それだけでなく今日初めて上記内容のことをお話になり、先日病院に行って血腫の経過を診てもらったところすっかり無くなっていると言うことで、通院しなくてもいいと医師に告げられたそうです。“先生のお陰です”と言われ私自身も驚きでした。

頭蓋骨調整を行うことで脳脊髄液の循環を促し、血行を促進させることで自己回復機能を高め、血腫さえも除去できる効果があるのだと確信できるお客様の声でした。