院長ブログ

ゴールデンウィーク中の往診施術 池田市内なら往診手数料無料!!


寛和堂は例年通り5回目のゴールデンウィークも休まず施術をやっていました。

寛和堂も13年11月にオープンして5年6ヶ月、お客様への施術、そして施術の技術向上のための勉強に明け暮れる毎日、あっと言う間に過ぎたような気がします。

今回のゴールデンウィーク初日に寛和堂オープン初日ご来店第1号のお客様が5年ぶりに来店されました。

主訴は膝の痛みでした。

いつもの様に踵へのアプローチで足部全体の筋肉を弛緩、踵・膝関節調整後 あたまの整体により体軸重心を整え膝への負担軽減を図ったところ膝の痛みが消滅。

お客様は長期に苦しんだ痛みが無くなった事に そして施術中の心地良さと施術の進化に只々驚かれたご様子。

“こんな施術なら是非、実家の父にも受けさせてやりたい”と言われ、現在のお父さまのご様子を説明し、往診施術の日時を調整し予約を取って帰られました。

翌々日、お聞きした池田市内にある住所へ往診施術に伺いました。

お父さまは、85歳の元畳職人。

自宅ビル4階にあるご自身の部屋にはエアロバイクがありました。

身体が思うように動かず階段の上り下りが危なくできないため外出もできず、一日中家にいらっしゃるそうでした。

そのため運動になるよう部屋を歩き回ったり エアロバイクでご自身のできる範囲、無理のない運動を心掛けているようでした。

問診と触診

問診でいろいろとお話を伺うと

数年前に脳梗塞を2回発症されてから身体が怠重く思うように動かなくなり、夜も足の怠重さから熟睡できずにすぐ目が覚めてしまうと

そして、脳梗塞を発症する以前のようにひとりで宝塚に住むひ孫娘に会いに行けるよになりたいと目標を持っていらっしゃいました。

ご自身でも体を動かすことを意識されている理由が理解できました。

その目標が叶えられるよう微力ながらお手伝いができればと思う。

足部への触診

太もも裏に一部硬結している部位を認める。

硬結といっても筋が硬くなっているような状態で脳梗塞の後遺症。神経の伝達が悪くなり、痙縮を起こしていると評価、脳神経、特に錐体路の流れを整えることを重点においた施術を行う。

施術後、行動の一部に速度の変化が診られ週2回ペースで次回の予約を頂きました。

施術中、施術後の様子を見た奥さんも施術を希望されたので受けて戴きました。

その結果、自宅がビルなので生活に不可欠な階段の上り下りが大変軽くなり楽になったと 喜んでいただけました。

翌日、紹介を頂いた娘さんから“施術を受けた夜はグッスリ眠ることができた”との連絡をいただきました。

 寛和堂の施術は脳梗塞などの後遺症が起因する不調も改善される可能性があります、ご家族の中にそういう方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。外出できな状態でしたらこちらから伺い施術いたします。簡易施術ベッドを持参しますので人一人寝れるスペースがあれば大丈夫。

ご家族に負担になる介護も軽減できるかもしれません。

池田市内なら往診手数料無料!! 65歳以上なら一回4000円と低価格で

 

その肩こり・腰痛は、内臓疾患が原因かも?


内臓疾患で誰もがよく知る心疾患の心筋梗塞

心筋梗塞が発症すると病院で処置を受ける前に40%の方が死に至ると言われています。

この病気も発症する前に前兆というものがあり、この警告サインに気付き 病院で適切な処置を受け助かる方も少なくないと言われています。

その警告サインというのが胸の痛み、胸やけ、圧迫感、腕・肩・歯・あごの痛みなど

しかし、これらの症状は数分から10分程度で消失することから身体の警告サインを見過ごされていることが多いとも言われています。

今回のクライアント(心疾患ではありませんが)を例にあげてみます。

大阪市東淀川区淡路の40代男性
主訴、腰痛

問診
仕事は介護関係で 深夜のお仕事が多くストレスを感じている中、最近気になる腰痛があると同僚(当店リピーター)に相談したところ寛和堂を紹介してもらい来店

お話をしている中その男性は真面目で几帳面な方だと感じ取れたので ストレスを受けやすい性格から自律神経の乱れよる筋硬結ものと推測・仮説をたてる。

触診
痛みを感じる箇所を確認すると胸椎12番腰椎1番周辺での痛みということで痛みの部位と痛み方で“一般的な腰痛ではないかも⁈”と感じ
自律神経の乱れによる内臓疾患が原因と仮説を変更

施術内容
足部からの、そして頭蓋骨からのアプローチするも痛みの減少は少なく変化を感じることができない様子だったので筋骨格系及び神経系の影響は少ないと判断。

内臓疾患の仮説が色濃くなる

内臓へのアプローチを試す。
その結果、痛みの減少は他のアプローチの時よりも大きく変化するも痛み自体は消滅しないことから内臓の疾患による痛みである可能性が高いと考え、病院での検査を勧める。

数日後、その男性から連絡があり話を聞く。

検査の結果、十二指腸潰瘍だったようで病状も初期だったので入院治療ではなく通院での投薬治療で済みましたと言う報告でした。

病院で診察を受けると腰痛に関しては原因不明と言われたそうですが、アドバイスの通り内臓への精密検査を受けたそうです。

早期に病気である事が判り大事に至らず喜んでいただけた様子でした。

今回のクライアントは、真面目で几帳面という性格からストレスを過剰に受けることで、十二指腸潰瘍を発症しその症状の警告サインとして出していた腰痛。
そのサインを見逃さず来店され、アドバイスを信じて病院を受診し検査を受けた結果でした。

当店にお越しの方には、自身の身体への意識(異変を察知する感覚)を養うようにお伝えしています。

体軸重心や全身の骨格関節の本来の位置などさまざま。

ひとつひとつを意識していくことで身体は必ず良い方向に変化します。

 また、微細な変化にも気づくようになりツライ不調になる前に整えることができるようになります。

健康雑誌 Tarzanに・・・


カラダの疲れは脳の疲れについての記事

健康情報誌Tarzan 2月号で
表紙に「あらゆるカラダの不調を解決!骨、筋肉、内臓、脳を整える新理論。」と掲げ、記事の表題には「つつかれているのはカラダでなく脳。脳疲労予防&回復のコツとは?」と取り上げられているのを見つけました。

記事の内容には「脳の疲れは自律神経の疲れ」とも書かれ、私の仮説を確信に変えた、大阪市立大学大学院の梶本修身教授のことも書かれていました。

BodyCare寛和堂がオープンして早5年が経ちますが、オープン当初から〝カラダの疲れは脳の疲れ〟と掲げ頭蓋骨への施術をしてきました。

一昨年には、大阪市立大学大学院の梶本修身教授の疲労医学講座でも論文が発表され、私の仮説も証明されたものの、頭蓋骨への整体に興味をお持ちの方の何人かは
論文のHPから「脳の疲労」つながりで当店のHPにヒットして来店されています。

しかし、まだまだ一般の方には、頭蓋骨(脳の疲れ)への認識が薄く検索キーワードでも多くないのが現状。

今回のように一般健康情報誌に取り上げられることでことで、今まで寝ても疲れが取れず悩んでいた多くの方々がこの記事を読んで頭蓋骨整体への関心が深まり不調を改善できるチャンスが広がることに期待しています。

 

寛和堂は疲れの原因は、“脳の疲れ”の他にもうひとつ先を見据えて施術を行なっています。

Google・Yahoo“池田市 頭蓋骨”検索第1位、頭蓋骨でも一歩先行く寛和堂


先日の7月9日、神戸の新開地にあるバー“ドグール”という店でアームレスリングの練習会がありました。その店にはアームレスリング台があるらしくアームレスラーが集いお酒を飲みながら腕の力自慢を競うそうです。
そこへ未成年の次男克也と三男翔太が参加。もちろん、飲み物はアップルジュース!!だったと

三男翔太は、今期末試験の真っ最中。
なのに、テスト勉強はそっちのけで、学校の試験が終わると次男と途中の駅で待ち合わせで午後5時から練習会に参加。

二人そろって帰宅したのが午後11時過ぎ、帰るなり二人とも“あーっ、手首が痛い”と力自慢ばかりの中での練習。肩、腕、肘、手首にはかなりの疲労

二人ともお風呂上りに腕へのケアの施術。翌朝には、回復したのか何事もなかったかのように、普通通り登校。

7月16日に須磨海浜公園かっぱ天国でアームレスリングの大会があるらしく、全国から猛者たちが集まるそうです。

前回、次男は、三戦目で敗退、当時中学生だった三男は最年少での参加で初戦敗退。

大会前には全身のケアをして骨格アライメントを整え、筋出力100%にして大会に臨ませたいと思います。

三男は、今は、次男とイイ勝負ということなので初戦突破を願いつつ、去年大会の3か月後に次男とアームレスリングの勝負中に頭痛に、クモ膜下出血の原因となる脳底動脈解離の発症という既往歴があるので、再発しないことを願う。

動画は、昨年の大会のダイジェスト。一昨年の大会で次男が初出場、出場最年少記録樹立で当時のアナウンスで“スーパー高校生”と紹介される。

そして昨年の大会でも三男は当時中学生で史上最年少での参加ということで記録を更に塗り替える。次男三男で二年連続で出場最年少記録を塗り替える

 

Google・Yahoo“池田市 頭蓋骨”検索1位 寛和堂の『あたまと全身スッキリ整体(頭蓋骨整体)』検証


寛和堂の『あたまと全身スッキリ整体』は頭蓋骨だけでなく、神経・筋肉(内蔵)・骨格へのアプローチ

カラダのすべての機能の向上を目指します。

施術を受けた方にしかその効果は実感できないため 数値で判る、握力で検証してみました。

“疲れや不調になる原因”より“回復できない原因”へアプローチします。

カラダのすべての機能向、睡眠の質を高め“寝ると回復できる”身体づくりを目指します。

目覚めスッキリ、爽やかな朝を迎えることができる、そんな健康で”くびれある美しいプロポーション”のカラダを手に入れませんか?

 

退院後の65歳女性への施術


先日、2月14日以来、約1か月半ぶり久々の来店
前回の施術時、一週間後に不整脈に対するカテーテル治療を
受ける為国立循環器病センターに2泊3日の予定で入院すると…。

色々と心配されていたので、
かつて阪大附属病院、国立循環器病センターに勤務していたことも
あり、安心して治療を受けて頂けるよう分かる範囲で、アドバイス

そして、今回来店され、問診 お話を伺う中、入院中の話になる。

カテーテル治療は無事終了し、予定通りの日程で退院の支度、
寝間着から着替える際、足がむくみがあることに初めて気付く、
そして急遽の検査、血栓症の発症を確認
再度入院することになる

血栓が肺動脈から肺へ入らないようにガードする為、
再びカテーテルによる処置を受け病室では血栓溶解剤の点滴を投与
寝たままの状態が続く。
血栓症も治まりつつあった頃、再びカテーテル治療、
2回目のカテーテル治療の際、設置したガードを除去する処置

そして動ける状態になっても、24時間心電図のセンサーが装着され
ているため診察・検査以外は病室フロアー内での行動制限がある
状態が約1か月。
そのため運動不足から、首や肩の張り感が出たと・・・。
そして毎朝、新たな血栓が発生させないために血液をサラサラに
する薬バンファリンを服用していたという。

退院後、買い物に出かけ荷物を持った際、右鼠蹊部に違和感を感
じる

心臓へのカテーテル治療の際、右鼠蹊部からカテーテルを挿入から
傷は小さく既に完治しているが、何か関係があるかもしれない
それとも運動不足で筋肉が弱っているのかな?

と女性は語る。

話の内容から
3回のカテーテル治療への、そして血栓症発症への不安、そして
しばらくの間の寝た状態点滴投与、薬剤の服用など

総合的に考え

治療、投薬そして、動くことができないという
“ストレスと投薬による内蔵疲労”
が原因と仮説を立てる。

 

最初に肝臓へのアプローチ、肝臓の状態を触診
肝臓は大きく肥大しておりその旨を伝えると、

女性は、“そう言えば、入院中、肝臓の機能低下を表す数値
にが出て薬を変えてました”と・・・。

仮説は確信に変わる

頭蓋骨(後頭骨)への施術、頭頂骨、側頭骨、後頭骨が隣接する
縫合部位(アステリオン)に、前の記事で伝えた頸静脈孔を意識した
アプローチで迷走神経の流れを促す。

再度、肝臓へアプローチ、肥大は減少・消滅、を確認、位置も正常に戻る。

施術後、症状の変化確認
女性にベッドから下りてもらい、首・肩・右鼠蹊部の不調・違和感について、
症状の変化を実感を確認「まったく無くなり、すごく体が軽くなった」と・・・。

最後に上部頸椎へのアプローチ、延髄絵の圧迫ストレスを解放し神経の流れを整え、施術は終了

今回の主訴、首・肩の張り感、右鼠径部の違和感は病院での3度のカテーテル治療・血栓症発症
・長時間の点滴投与・薬の服用によるストレスと内蔵特に肝臓の疲労が原因であると結論付ける。

 

本日4月6日、予約の電話を頂きました。
病院で検査を受けると肝臓の数値が戻り正常に戻ったと連絡がありました。

寛和堂『あたまと全身スッキリ整体』(頭蓋骨整体)〇〇〇への施術の理由


寛和堂では、頭蓋骨への施術で最も時間を掛け調節する部位は

ズバリ!“後頭骨”

なぜなら、後頭骨には首周辺の多くの筋肉が付着しています。

生活の中長時間の俯いた姿勢が首の負担を増大させ頸部後部の
筋肉が緊張、後頭骨へストレスを掛け後頭骨は変位という

“ねじれ”が生じる

後頭骨にはいくつかの孔(あな)があり

大後頭孔(大孔)…、中枢神経が通る孔
頸静脈孔    … 舌下神経・迷走神経・副神経など・・・。

そして頸静脈孔は、後頭骨と側頭骨から形成され縫合部にあり
通る神経の働きは

・「舌下神経」 舌の運動を支配
・「迷走神経」 全ての内蔵の運動・感覚を支配
・「副神経」  頸部の僧帽筋・胸鎖乳突筋を支配頸静脈孔

後頭骨に不調が起こると頸静脈孔を通るあらゆる神経に異常を与え

その異常が 神経に疲労・緊張が起こり神経の流れが滞る

その結果、僧帽筋、胸鎖乳突筋を不調にさせ首コリ・肩こりが生じ 
内蔵も神経の流れが悪くなると正常に機能できず、疲労の蓄積から
下垂につながる。

40代前半の女性
「薬を服用しないと寝付けす、朝起きるのがツライ」という方へ

後頭骨の不調を改善すると

1回目、身体が楽になった
2回目、朝、スッキリ起きれるようになった
3回目、薬の量が減って、ぐっすり眠れるようになった
4回目、薬、服用なしで寝ることができた
と今も症状は改善のに向かって回数券も残すところ2回
しっかり回復できる身体になっています。 

首コリ・肩コリの場合、後頭骨への施術で神経の流れをしっかり
整えると回復機能が働きます。

 

Google・Yahoo“池田市 頭蓋骨”検索 第1位のBodyCare寛和堂
池田市・箕面市・豊中市・川西市・宝塚市から
多くの方に来店いただいています。
寛和堂の「あたまと全身スッキリ整体」では頭蓋骨・内蔵・中枢神経へのアプローチにより脳(脳幹)・自律神経・内蔵・背骨や骨盤(骨格)を整えストレスの緩和、子宮・卵巣への血流促進・女性ホルモン分泌の正常化を図り生理での悩みを解消に繋げていきます。
ご相談はLINEでも受け付けます。
【LINEコード;0727357764】

 

 

“口が思うように開かない”への施術


昨日、女性(30歳代)のリピーターさんが
4カ月ぶりの来店

“口が開かない”との訴え
仕事で忙しく動き回っていると
肩首にコリを感じ始め、口が開かなくなり、
食事も摂りずらくなる。
仕事仲間に相談するとみんな同じ状態だと言う。
口腔外科・整体を薦められ、来店に至る。

昨年末に施術を受けから、調子良く動けていたが
プライベートでストレスに感じることが続き不調を
感じ始める。

この原因は、何でしょうか?
体軸重心のズレる原因ともなるストレスに因る

“脳の疲れ!”

筋肉は関節を動かす「運動器」と言う
イメージがありますが、
実は、筋肉にはセンサーがたくさんあり、
脳と様々な連絡を取り合ている。

身体の状態・関節の位置・動き・動く速度
スムーズに身体を動かすために必要な
各筋肉同士の動きの連動性、動き始める
タイミングなど

ストレスなどで脳が疲労すると頭がむくむ。
頭がむくむと頭蓋骨もねじれ、筋肉を
支配している神経も緊張する。

そのため

全身の筋肉が緊張し特に首・肩・腰に
負荷が多くのし掛かり
首コリ・肩コリ・腰痛につながる
首周辺の筋肉が緊張するとめまい・耳鳴りも
引き起こす可能性も出るため
今回は、咬筋への緊張によるものと判断

頭蓋骨の調整、中枢神経へのアプローチで
神経の疲労・緊張を取り除き
首・肩周辺の筋肉の硬結が消滅
顎の動きを調整する咬筋の緊張が解れ
顎関節の可動域が広がる。

顎関節への調整は、頭蓋骨のねじれに因るもので
あることから
側頭骨と側頭骨に繋がる後頭骨への施術
双方の動きを中心に調整する

あたまと全身スッキリ整体(頭蓋骨整体)で免疫力向上を目指す


テレビでは、除菌・抗菌などの

洗剤・家電製品・グッズのCMをよく見ます。

気にされている方も多いでしょうね

その影響という訳ではないですが

“現代人は免疫力が低下している”について

少し触れてみたいと思います。

免疫力とは、細菌・ウィルスなどの病原体や

細胞が生まれ変わる際、発生する異常な細胞

いわゆる癌化する細胞から身体を守っています。

それだけでなく、日々生活の中で発生する

疲労物質なども体外へ排泄するために

頑張っています。

しかし、今その免疫機能が働かない要因が

増えてます。

男女睡眠時間推移データ

例えば睡眠不足です。

男女とも睡眠の平均時間が

年々減少傾向にあります。

睡眠時分泌されるメラトニンという

ホルモンが分泌されずに

身体に活性酸素が過剰に増加し、

ガン細胞の増殖という悪い影響を

起こすと言われています。

免疫力は自律神経とも深く関係しています。

自律神経の交感神経・副交感神経の

バランスが崩れると免疫力が下がり

風邪や病気を引き起こしやすくなります。

副交感神経が優位に立つと免疫力が上がりますが、

優位な状態が続き過ぎても花粉症などの

アレルギーの炎症を引き起こします。

その原因は、血液中の白血球の成分のひとつ

「顆粒球」と「リンパ球」のバランスにあります。

交感神経優位  「顆粒球」>「リンパ球」
副交感神経優位 「顆粒球」<「リンパ球」

「リンパ球」が増え過ぎることでアレルギー炎症が

引き起こされてしまいます。

自律神経が乱れる原因は、運動不足やストレス、

夜更かしなどと言われています。

自律神経のバランスをしっかりと整える事が

大切です。

交感神経・副交感神経のバランスを整えるには?

①睡眠を十分とる
②毎朝、日光を浴びる
③軽い運動(散歩)をする
④食事はよく噛むこと

これを実践すると自律神経は整い回復できる

丈夫な身体になれるかも

もし、忙しい毎日を過ごされ実践できない方は

BodyCare寛和堂にお越しください。
自律神経の中枢である視床下部へのアプローチで
自律神経のバランスも整い、明るく毎日を送れる
健康な身体を目指しませんか?

競輪選手への施術


一昨日、3月14日に初めて来店された箕面市在住、競輪選手の男性、2回目の来店

前回の施術後の調子を伺うと、“以前受けていたところでは夜になることには鼠径部の違和感が戻っていたが、今も違和感すら感じない”という事で、結果が良かったようで一安心してると“あっそれと、自転車に乗っている時も以前は、ペダルを足でこ漕いでいる感じだったのが全身で漕いでいる感じに変わりスピードの乗りが違っていた”と言われ、体軸重心が整うと筋肉機能にも良い影響が出ことが実証されたようで自信なりました。

今回の不調は、生活にはまったく支障はないが、ストレッチで腰をひねると可動域限界まで行くと右腰辺りに張り感を感じるという事でした。
(やっぱり一般の方という事が違うなぁと感じる)

触診すると右足太ももの筋肉(大腿直筋)に僅かな張りがあり、ふくらはぎ(下腿部)・股関節からアプローチで調整。

大腿直筋調整後の検査では変化はあるものの若干の張り感が残る

大腿直筋の付着部を考え骨盤に問題?から仙腸関節の動き?が考えられ

仙腸関節へのアプローチに移る。

側臥位(横向きに寝る体位)になってもらい仙腸関節を拇指(親指)軽くタッチ。

再度検査して張り感の消滅を確認。

その後はいつものように頭蓋骨整体から体軸重心を整えて脳幹へのアプローチ スッキリして頂きました。

今回の可動域限界近くの張り感は大腿直筋の張りから骨盤右仙腸関節の動きを制限掛けていたために右腰部に張り感を感じたものと考えられる。仙腸関節・大腿直筋

1 / 812345...最後 »
Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.