ブログ

病院の不妊治療(排卵誘発剤)


不妊治療に使用される薬といえば排卵誘発剤。薬で卵巣に排卵を促し妊娠率を高めることは誰もが知っていると思いますがOHSS(卵巣過剰刺激症候群)ってご存知ですか?

卵巣過剰刺激症候群は不妊治療で使用される排卵誘発剤による副作用。
卵巣の卵子(卵胞)が過剰に刺激を受け、卵巣が腫れ血管内の水分が漏れ出してしまうことです。漏れ出た水分が腹水や胸水となり溜まります。
血液は水分が減ることで濃縮されドロドロ血液になり重症化すると血栓ができたり腎機能障害を起こすこともあります。
通常卵巣は3~4㎝の大きさのものが重症化すると12cm以上になるケースもあり最悪の場合死に至るケースもあります。
しかし、排卵直後や妊娠初期には卵巣の腫れや腹水はよくあるので、極端なものがOHSSと考えるとよいでしょう。

人によって異なりますが下記のような方はなりやすいでしょう。

・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方
・痩せ型の方
・35歳以上の方
・血中エストロゲン
・GnRHアゴニストを使用した場合
・妊娠した場合

また自覚症状ではお腹のハリ感、スカートやズボンが入らなくなった、尿の出が悪い、喉の渇き、むくみ、息切れ、吐き気、下痢、体重が1㎏以上の増加などがあり、そういう方は気を付けたほうが良いでしょう。

こうのとり整体では
基本、母体が健康な状態で妊娠できるようにサポートしていきます。
OHSSの場合では、排卵しにくい原因が何であるか、母体の状態を診て その原因をもとに自力で排卵できるようアプローチしていきます。

排卵できない原因
1ホルモンバランスの崩れ
2食生活の乱れ
3子宮や卵巣の機能低下

 生理周期は脳と子宮・卵巣がホルモンを介した情報交換でバランスを調整しています。

ホルモンはたらき

1.卵を育てる指令を出す卵胞刺激ホルモン、卵が育ったことを伝える卵胞ホルモンの分泌が悪いと排卵機能を低下させます。

この場合、これらホルモンが分泌されていなことによるホルモンバランの崩れが原因、そもそもホルモンは脳の視床下部(脳低部)にある下垂体から分泌の指令が出ています。こうのとり整体(不妊整体)では頭の骨格(頭蓋骨)を整え下垂体へのストレス(変位)を取り除く施術を行いホルモンバランスを整えます。

2.食生活の乱れはホルモンバランスを崩す原因にもなります。

加工食品や添加物など身体に良くない食事を多く摂られているとエストロゲン(卵胞ホルモン)と似たような作用を起こし脳は卵が育っていると判断し卵胞期に卵を育てる指令を出すのを止めてしまい卵が育たない環境を作ってしまいます。これが食生活の乱れが起こす不妊症になる原因です。

3.1や2のようにホルモンバランスを整えたからといってそれぞれの機能が回復するとも限りません。その原因は子宮や卵巣に掛かるストレス(変位)です。子宮や卵巣にストレスがあると卵巣で卵が育てられませんし 排卵しても子宮が卵を受け入れる準備ができておらず妊娠ができません。

こうのとり整体では、内蔵へのアプローチで子宮・卵巣の機能を高める施術を行います。

寛和堂では、病院の不妊治療や検査にプラスしてまた違った視点から不妊症でお困りの方の身体の状態を把握、施術を行い病院では解らない可能性を引き出していきます。そのためには基礎体温表にも可能性が隠されているかもしれないのでしっかりと付けて下さい。

流産しないための予防法


流産の原因

流産の原因は現代の医学でも解明できていません。
流産の原因はお母さんの日常生活(運動・食生活・生活習慣)には
なく、胎児の染色体の問題であるとも言われていますが、本当に
そうでしょうか。やはり母体にも何らかの問題があると感じます。
その問題とは母体が妊娠を維持し胎児を育てるだけの力(元気)が
ないことだと考えます。流産の種類でも胎児に問題が関係するの
は、稽留流産。それ以外は母体に関係するものばかりです。

流産の種類

切迫流産
胎児が子宮内に留まっているが流産の危険性がある状態を指します。
この場合、薬などで抑えることはできないため、絶対安静が必要と
なります。場合によっては入院せざるを得ないときもあります。

稽留流産
胎児や受精卵がすでに子宮内で死亡していることを指し、そのまま
子宮内に留まっている状態を言い、症状などがあまり出ないため気が
付かないことが多いです。
治療として、自然に胎児や受精卵が出てくるのを待つか、手術し
なるケースもあります。

進行流産
出血が始まり子宮内の胎児や受精卵が外に出てくる状態を指し 子宮
口が開き、流産が始まり、完全流産へ進行します。

完全流産
子宮内の胎児や受精卵などすべてのものが出てしまうことを指します。
症状は陣痛のような激しい痛みや大量の出血を伴うことが多いです。
子宮内のものがすべて体外に出てしまえば、処置は必要ないですが
子宮が下の状態に戻る家庭で痛みを伴うケースがあります。

不全流産
完全流産のように子宮内にすべてのものが体外に排泄されず一部残った
状態を指します。
完全流産と同様に痛み、出血を伴います。
子宮内に残った内容物をきれいにする処置が必要となります。

化学流産
受精し妊娠検査役などで反応は出るが子宮内膜に着床しないケースを指
します。妊娠6週目(着床前)までに発生しやすいです。

流産防止の対策として
流産防止に関係するのはホルモン。胎児を育てる役目を担う胎盤は、卵
巣から分泌される黄体ホルモンと黄体ホルモンの影響を受ける子宮内膜
の機能が共に連携し妊娠を維持します。
そのホルモンバランスが崩れてしまうと子宮内膜の機能の低下につなが
り妊娠の維持、胎児の生育を中断してしまいます。
こうした機能低下の原因は冷えや運動不足による血行障害であることが
多いです。

不妊症に大きく関係するホルモン“プロラクチン”は出産後授乳させる
ため乳汁を促進させるホルモンなのですが、産後授乳期の赤ちゃんを育
てるため次の妊娠を抑制する働きもします。ただ、授乳期でもないのにこの
プロラクチンが高くなることがあるため不妊や流産につながる可能性が
あります。
プロラクチンが高くなる原因として
①長期の薬の服用
②下垂体の腫瘍などによる機能低下
③ストレスによる高プロラクチン血症
 ストレスにより自律神経が乱れホルモンバランスが崩れるため起こり
 ます

 妊娠初期はストレスを受けない穏やかな生活を送ることが大切です。

妊娠の仕組みについて


性交渉をすると妊娠すると誰でもが赤ちゃんができると思っている方

が多く、簡単に妊娠できるとイメージがある方が多いと思います。

しかし、妊娠は簡単にはできません。妊娠するためには絶対的必要な

条件が3つあります。

  ① 排卵日の性交渉

 ② 受精

 ③ 子宮内環境が整っていること

[①排卵日の性交渉]

女性の身体は、生理周期28日~36日で1日だけ妊娠できる日があ

ります。その日が排卵日で赤ちゃんを望む場合その排卵日に性交渉す

ることが必須です。

[受精]

性交渉をし射精すると3億もの精子が子宮内に入りますが、卵子まで

たどり着いて卵子と出会うのはたった一つの精子、精子にとって子宮

はたいへん過酷な環境で生き残ることができ卵子に出会えるのは奇跡

レベルなので、排卵日に性交渉したからと言って受精できるとは限り

ません。

[子宮内環境が整っていること]

子宮の卵管で受精した卵子(受精卵)は子宮内膜へ進み着床します。

子宮は排卵日以外の日は卵子と子宮内膜を成育していますが、その

成育が不十分で子宮内膜が未熟であると着床しません。

これら3つの条件が揃ってはじめて妊娠できるのです。

 

 

排便時の姿勢


便秘で悩まれている方は多いと思います。不妊症も便秘の整体で解消された方も多くいらっしゃいます。

便秘の原因には内蔵機能低下や運動不足などなど、さまざまありますが内蔵の構造的なことを考えると有効かも知れません。こんな動画を見つけました、私は以前より姿勢について試行錯誤して、現在この姿勢に至っています。

私にはこの姿勢が大変合っているようです。動画では台を用意してありますが 台に足を乗せなくてもつま先を立て膝を上げて上体を屈めるといった工夫をしています。 一度お試しください。

排便しやすい姿勢

池田市 PMSなど女性特有症状 不妊整体なら BodyCare寛和堂~腰椎狭窄症


昨日、御年85歳の女性が来店されました。

見たことのある顔だなと思っていると、「一度、お世話になったこと

があるのですが施術お願いできないでしょうか?」とおっしゃるので

たまたま時間が空いていたのでお入りいただきました。

お名前を伺うとやはり聞き覚えのあるお名前。カルテを調べてみると

4年2か月前に開業し10日目の11月26日に来店いただいた方

でした。

「以前、来た時は刺激が強すぎて・・・」ということで

「あれから、いろんな整体へ行って十数万円もする高額な回数券を買

ってずっと通っていたが改善されず狭窄症は治らないと諦めているが

腰の痺れが取れて歩行器なしで歩けるようになりたい」と切々とお話

しされました。

「私が歩行器なしで歩けるようにします」と伝えたところ

「ほかの整体でも同じこと言われた」とお互い苦笑い・・・。

「受けていただいたら違いは解りますよ。」と言いながら立った状態

診ると背中は丸く膝も曲がり姿勢も悪い状態でした。

施術メニューは任せるということでしたので「あたまと全身スッキリ

体」にしました。今回は姿勢と腰の痺れにフォーカスした施術、

肝臓・腎臓へのアプローチ、頭蓋骨の施術で神経伝達と背骨・骨盤の

ねじれを整える施術を行いました。施術中刺激について伺うと「まっ

く強くない」と仰っていました。

施術が終わりベッドから降りて立ってもらうと膝、背筋ともまっすぐ

伸び楽に立てるように腰の痺れもなくなったようでした。

クロージングでいろいろと説明していると「次回はいつ来たら良いで

すか?来週から月・木曜日のペースで通いたいですけどいいですか?」

と次回の予約を取って帰られました。

 

病院の不妊治療(体外受精)


 タイミング法・人工受精で妊娠に至らない場合、次のステップが体外受精に

なります。

体外受精と人工授精、どちらも同じように思われがちですがまったく違う治療

です。人工授精は、卵巣より卵子を採卵し、採取した精子の中から元気な精子

だけを選別し体外で直接受精させ、その後しばらく培養してから子宮に戻すと

いった療法なのでタイミング法や人工受精よりも成功率は個人差やクリニック

に左右されますが20%から40%と高くなります。しかし採卵する際、麻酔を

使い子宮に針を刺すため身体への負担が大きくなるために妊娠できなかった時

挫折感などのストレスがおおきくなり心のバランスが崩れてしまう場合があ

ます。また、体外受精の1回あたりの治療費は30万から50万円と高額で

経済的負担が大きくなるというデメリットもあります。

人工受精適用基準として

女性の場合

・卵管が閉塞している

・子宮内膜症で卵子を卵管に運ぶ機能が欠損している

・卵子の老化により妊娠の可能性が低い

男性の場合

・乏精子症、精子無力症で精子の機能が低い場合

女性が35歳を越えている場合、急ぎ足でこのステップにいくケースもあります

 

病院の不妊治療(人工授精)


タイミング法で妊娠できなかった場合、次のステップが人工授精になりますが、年齢やタイミング法が適切でないと判断された場合、はじめから人工授精や体外受精にトライするケースもあります。

人工授精とは

パートナーである男性から精液を採取し、そのなから元気な精子を選別します。選別された精子を細い管のカテーテルを使い卵子の近くに送る方法です。精子の濃度や性交渉、射精に問題があるカップルに適用され男性器、卵管に問題がなけれ人工授精は必要ありませ。

成功率は?

 1回あたりの成功率は5~10%と言われ、実施したからと言って、妊娠できる確率は低いですしタイミング法と同様に回数を重ねるにつれ妊娠できる見込みは薄れるため体外受精に進んでいきますし治療費も高額になってきます。

 

病院の不妊治療(タイミング法)


不妊治療の4ステップ~タイミング法とは?

現在、日本国内で不妊治療を受けているとされる女性は約50万人近くいます。レディースクリニックで妊娠できずらい身体と診断されると不妊治療を受けることになります。

不妊治療には段階があり まず、健康保険適用とされるタイミング法という軽い治療から始まり、次の段階では健康保険適用外の人工授精→体外受精→顕微授精と進み自身の身体に合った治療法を模索していきます。 

不妊治療の第1ステップの【タイミング法】

タイミング法は「妊娠しやすいタイミング」基礎体温を測り超音波検査やホルン検査を行い排卵日を特定し性交渉を行う方法です。卵子が排卵し受精妊娠できるまでの時間は24時間。その24時間内に精子と受精させることがタイミング法という治療法の目的です。自分で基礎体温を測りタイミング法を試すことはできますが、生理周期やホルモンバランスの乱れで排卵日の特定が難しい場合、排卵誘発剤を使って妊娠率上げる場合もあります。

ペースはどよのうに進めるのか

タイミング法は毎日測る基礎体温と生理周期から毎月1回の排卵日を予測し性交渉を行い、そのあと妊娠反応の確認します。これを約半年から1年繰り返し続けていきます。1年続けても妊娠できない場合は、それ以上続けてもタイミング法で妊娠できる可能性は低いので次のステップの人工授精に進むことになります。

 成功する確率について

成功の確率については、個人差があり、1回で成功する方もいれば、何度も挑戦して成功する場合もあります。卵子と精子の質(元気かどうか)に関係するので、1回目より2回目とだんだん成功率は下がっていきます。

治療に臨めば妊娠できるというものではなく、母親自身がご自身で体質を改善していくのも必要になってきます。

 

 

不妊症ひと口メモ


不妊整体Topb
不妊整体B1c 不妊整体B2c 不妊整体B3c 不妊整体B4c
こちらでは不妊症・妊活に関する一口メモを、テーマ別で紹介しております。(随時更新していきます)

妊娠の基礎知識

 便秘と不妊

妊娠の仕組み

流産しないための予防法

着床を妨げ要因

 30代・40代年齢を重ねるごとに変化する妊娠の確率

病院の不妊治療

不妊治療(タイミング法)

不妊治療(人工受精)

不妊治療(体外受精)

不妊治療(排卵誘発剤)

生理と生理に関するトラブル

PMS(月経前症候群)

生理時の月経血の変化について

つらい生理痛から解放されるために知っておきたいこと

生理痛を和らげる方法

生理痛について

30代で“生理が終わっちゃうのかな?”と感じられる方へ

PMS(月経前症候群)は、改善できます。

子宮に関するトラブル

子宮筋腫の改善策について

子宮内膜増殖症ってご存知ですか?

子宮内膜症になったら…。対処法

子宮内膜症は子宮からのSOS?!

ストレスについて
ストレスと生理不順の関係

 

 

 

池田市 PMSなど女性特有症状 不妊整体なら BodyCare寛和堂


本日のクライアント 名古屋から来店されるKさまご夫妻 ご主人は当店のリピータさん

今週中ごろご主人から電話があり「妻の左ふくらはぎがむくんで硬直し痛くて歩くのがツライと言っているのですが、助けてもらえないでしょうか?20日に連れて行くので診てやってください」ということで10時半に予約され、本日来店されました。

問診でお話を伺うと7年ほどまに右膝を痛め整形外科で変形性膝関節症と診断されしばらく通院されていた経緯があり右膝をかばって歩いていたから痛くなり、特に痛むのは動き始めの時にひどく痛むということでした。

触診してみると縫工筋に硬結があり触れると痛むというので、むくみもあることから筋膜組織のつながりを考えて循環器系の腎臓へアプローチすることにしました。左右の腎臓の位置を軽く触れて確認していると奥さんが「あれ、ふくらはぎのツライ感覚が楽になってくる不思議?」と言われたので原因は腎臓であると確信し施術を行いました。今回の施術は筋骨格けいより内蔵系への施術。

起き上がり不調の状態の変化を確認すると楽になった様子だったので体軸、自律神経を整えるため頭蓋骨への施術を施し施術を終えました。膝裏に少し痛みが残っているということでしたが来店された時よりも大変楽になったということで喜んで帰られました。

夕方、ご主人から電話があり、「ん?」と一瞬思ったのですが、電話の声はすごく明るく「ホッ」、そしてお話を伺うと「施術を受けた直後よりも楽な感じがすごく増してきて妻もすごく喜んでいる」という内容でした。「今日が妻の誕生日で良いプレゼントができた」とも言っていただき私も嬉しく感じました。

 

10 / 24« 先頭...89101112...20...最後 »
Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.