ブログ

注目企業.COMの取材を受けました。【注目企業.COMのインタビューにて】


       本日、6月7日12時30分に月刊専門情報誌の注目企業.comの取材を受けました。

インタビューアーを務められる俳優の大門正明さんが来店され、対談をさせて頂きました。

ドラマなどで見てた方が目の前にいらっしゃるので感動し、最初はすごく緊張しましたが

大変気さくな方で話しやすく大変有意義な時間を過ごせました。 大門さんも私同様 7年

前にバイクで事故に遭われ足に怪我をされたそうです。手術を受けたそうなのですが膝が

曲がらなくなり、医師からは“90度曲がれば手術は成功ですよ”と言われたそうです。

舞台での仕事があり正座ができないと役者生命に関わることなので、ご友人でもある小柳

ルミ子さんにも励まされ、ご自身でリハビリを続け努力したそうです。

そしてその結果 正座ができるまでに回復され今も舞台を続けていらっしゃるそうです。

大門さんとの対談の中で大門さんご自身も行きつけの整体院があるそうで、そちらの先生

とは数十年来のお付き合いだそうです。 そこで私は “私の施術を是非受けてください”

と申し出してみたところ快諾して頂きました。 後の予定があると言う事で時間があまり

無かったので、当院 売りの頭蓋骨調整で頸椎を整え、頸椎1番・2番の動きを整え 脳神経

伝達を調整しました。

頸部の筋肉を解している間“すごく気持ちが良い。うちの妻がいつも首が辛いと言っている

ので受けさせてやりたい。ここが東京なら連れて来るのに…。”と仰って頂きました。

施術家冥利に尽きますね。

施術後は、“すごく体が軽くなった”とたいへん喜んで頂きました。

後から記者さんに聞くと“大門さんは行きつけの整体院の先生にしか体を触らせない方なの

ですよ”と言いこの状況に驚いていました。

多分、バイク事故の共通点があったから親近感を持っていただけたのかも知れませんね。

 9月号に掲載予定なので記事ができましたら、アップします。

対談時

DSC_0437DSC_0451DSC_0483

検査と施術

DSC_0519DSC_0499DSC_0516      検査と再検査      頸部筋肉の解し      頭蓋骨調整し頸椎の調整        役者の命とも言うべきお顔を触らせて頂きました

記念撮影

DSC_0523DSC_0532             ふたり揃って            堅く握手して

頂いた色紙

           shikishi

 

 

 

頭蓋骨調整施術 BeforeAfter


今回のBeforeAfterは 初めてお越しの池田市在住のM.Sさん 問診で辛いところをお聞きしたところ 右側腰から大腿部外側にかけて張って痛みを伴うとの事でした。検査のために立ってもらい立位の状態を診ると 下図のように右腰を突き出すような状態で立っていました。M.Sさんは何も違和感もないとのことでしたが、状態を伝えそれが原因で、右腰から大腿部外側にかけて負担が大きくなり張るのですよと説明しました。今までマッサージなどに行って解してもらうけどもすぐまた辛くなると仰るので張っている箇所を解すだけでは、改善されませんと説明しベッドに寝てもらいその状態の写真を写しお見せしたところ、ご自身では真っ直ぐに寝ていたつもりだったみたいで 大変驚かれていました。そして脊柱・骨盤の状態を確認しましたが頸椎が若干捩れを起こしているだけで変位している箇所はなく、原因を考えました。そこで頭蓋骨を診ると前頭骨がバランスを崩しており全体的にも右耳が下方に下がり気味だったので、前頭骨、側頭骨を調整したところ1回の施術で下写真のように変化しました。

 sejutubeforeafter001

 

脊椎神経と関連症状


脊椎のバランスが崩れることにより バランスを崩した場所により、不調の症状は変わってきます。

先日、母親に連れられて男子高生が来院しました。 様子を見ると体が怠く辛そうでした。問診で色々と質問していくと学校で首、腰の骨を鳴らすことが流行っているらしく、学校でも家でもよくポキポキと鳴らしているという事でした。 母親は、“私が止める様にいくら言っても聞かないんです。”と言うので 先ずベッドに寝てもらい頸椎、胸椎、腰椎と順に診ていくと明らかにバランスを崩しサブラクゼーションを起こしている箇所が数箇所ありました。 その変位した箇所を伝えながら体に及ぼす影響を伝え、その息子さんに骨を鳴らすことが健康に影響し大変なことになる事を伝えた後に、調整しサブラクゼーションをすべて整えました。 調整を終えるとベッドから降りた男子高校生は、辛そうだった顔は一転スッキリした顔になり、その状態の変化に驚いていました。後日、母親が来院した際、家に戻った息子は、家族に力説していたそうでよほど驚いていたのだろうという事でした。

sekituishinnkei

 

 

未病ってご存知ですか?


未病ってご存知ですか? テレビコマーシャルで未病について語られていたことがあります。未病すなわち病気になる前の症状です。 この状態で病院に行って診てもらっても医師からは、“原因が分からない。薬を出しますから様子を見てください。”と言われ、薬を処方されますが改善されません。 病気になってからでは遅いのです。
BodyCare寛和堂では、未病の状態で起こる頭痛、肩こり、腰痛、倦怠感など様々な症状を根本的に改善していきます。当サロンへ来られた時には、辛そうな重苦しい表情されていた方が、施術後帰られる時には、笑顔になって“もっと早く来れば良かった”おっしゃって帰られます。
私は、笑顔になって帰られるお客様をお見送りできる事に嬉しさ、また喜びを感じています。

ホリスティック医学精神を施術に採用し、お客様の辛いところだけではなく、身体全体、また生活習慣全体から、原因を探し、改善していくために、
お客様との信頼関係を構築して どんなことでも話ができる関係を築き、施術とアドバイスしていきます。
身体能力・機能(パフォーマンス)を向上させ趣味やスポーツを楽しめ、有意義な人生を送る、お手伝いをします。

ホリスティック医学について


ホリスティック医学を一言で言うならば、人間をまるごと見る医学といえます。
ホリスティック(Holistic)は、ギリシャ語の「Holos(全体)」が語源となっており、「全体的」、「つながり」、「バランス」を意味しています。同じ語源から生まれた言葉には、「Whole(全体)」、「heal(治療)」、「holy(聖なる)」、「health(健康)」などがあります。
 部分を見ることに急なあまり、人間まるごと見ることを忘れてしまった西洋医学に対する反省から1960年代アメリカでおこった概念です。
 西洋医学では、「病気」を対象としているのに対して東洋医学(中国医学、インド医学など)では、「病人」を対象に治療をしています。
 ホリスティックヘルスとは、「病気でない状態が健康である」という否定的な定義や「血液や尿や細胞組織の検査結果が正常値の範囲以内であれば健康である」という消極的な定義ではなく、「精神・身体・環境がほどよく調和し、与えられてる条件において最良のクオリティ・オブ・ライフ(生の質)を得ている状態」を健康と考える、より積極的な状態のことです。

お客様の声


okyakukoe0003okyakukoe0002   okyakukoe0001

カイロプラクティックの歴史


豆知識としてカイロプラクティックの歴史と目的についてアップします。

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックとは、ギリシャ語で「カイヤー(手)」と「プラクティコス(技)」を合わせた造語で、1895年にアメリカのアイオワ州磁器の療法師でカナダから来たダニエル・デビッド・パーマー(Daniel David palmer)、通称D.Dパーマーが開いていたオフィスの管理人を務めるハーベイ・リラードを診たことに始まる。

ハーベイは以前、窮屈な前かがみの姿勢になった時から、難聴に悩まされているとのこと。背中で何かが外れたような感覚がして、その直後から耳が聞こえなくなったと言うのです。そこでD.Dパーマーは、ハーベイの背中を調べると、背骨の配列が正常でないことに気づき、D.Dパーマーは、これが元通りになれば、難聴が回復するのではないかと推測し、背骨を正常な状態に戻す施術(スラスト:関節の歪みを戻すために関節に用いる力)を行ったところ、ハーベイの耳は以前のように聞こえるようになった。これが、初めてのカイロプラクティック治療となる。 D.Dパーマーは「脊椎の正常な整列に歪みが生じれば、神経システムに影響し、最終的には健康にも影響を与える」と提唱している。

以来、カイロプラクティックは世界で発展を続け、今ではアメリカの専門医の中2番目に多い医療分野にまで成長してきた。日本でも法的には認められていないものの、2番目に多くカイロプラクターが存在するまでになっている。

カイロプラクティックについて
 カイロプラクティックの目的は、「サブラクセーションを調整することにより神経生理機能を改善し、人の本来持つ自然治癒力を高める」ことである。 従って、調整は目的を達成するための方法です。
 カイロプラクティックの創始者である、パーマーは、「カイロプラクティックは、哲学、科学、そして芸術である」と述べている。カイロプラクティックの芸術性は、施術に当たっての確かな熟練した手技、そして手指によって人間の異常を感じ取るという感性を意味します。

サブラクセーション
クティックにおいて単に骨、関節のズレを意味するだけでなく、関節機能の低下、つまり関節可動域の減少が起こり、神経生理学的変調を伴うものです。
 英語でsubluxationと綴るが、これは医学的な直訳の意味である「亜脱臼」とは異なり、カイロプラクティック独特の用語です。
 定義として「サブラクセーションとは、隣接関節構造の正常な動力学的、そして生理学的関係の変調」なのです。
 つまり、ある関節をみた場合、動きが悪く、構造的な歪みを作り、神経生理学な痛みや熱、凝りなどが伴うことが分かれば、この関節にサブラクセーションが起きていると判断するのです。
 神経、筋肉、人体、血管および結合組織の複雑な作用によって起こる運動分節機能異常の理論を「複合サブラクセーション」といいます。またこれらの病理学的もしくは機能異常的な徴候や症状をひとまとまりに、「サブラクセーション症候群」と呼びます。まだ、科学がそれほど発展していなかった20世紀初頭のカイロプラクターの間では、「サブラクセーションは、ひとつの椎骨が上下の関係におて正常な位置より変位しているために神経圧迫を起こし、脳からの神経エネルギーの伝達を妨害し病気が起こる」と考えられていました。

 

美容整体(小顔)Before & After


  美容整体(小顔)のビフォー・アフターをアップします。

お顔が何故たるみが起こるのかご存知ですか? 肌の弾力の低下 皮下脂肪の肥大化 そして筋肉の質の低下が考えられますが、それに加え首・肩の凝りからもたるみを起こす一因なんです。顔の表情筋は字の通り顔の表情を作るのに働きますが、実は表情筋も頚部や肩部の筋肉と骨格を介して繋がっているのです。ですから加齢と共に筋肉の質が落ちた上 首・肩のコリから表情筋が下方に引っ張られたるみが起こりやすくなるのです。 当店では首・肩だけでなく全身をほぐした状態で、筋肉が本来あるべき場所へ戻し、本来のお顔、スタイルに戻します。下の写真は1回の施術での変化です。数回施術を受けることでもっとしっかりと引きあがります。

 BeforeAfter01 BeforeAfter02 BeforeAfter03

ホームページ開設記念キャンペーン


     HP広告

初めての御来院の方には、整体(ボディーケア90分)2000円で施術いたします。                                           体験施術で受けてみてはいかがですか? お問い合わせの際“ホームページを見た”と                                          お伝えください。また、セットメニューも格安でお受けいたします。

施術勉強会参加してきました。


5月18日午後1時より大阪市西区の西九条公民館で施術の勉強会があり、参加してきました

多くのベテランの施術家たちが集まり、新米の私は少しドキドキものでしたが皆さんよい方達ばかりでした。遠くは和歌山から出席された方もいらっしゃいました。 私とペアになった方は、豊中で整体サロンを開業なさっており、経験は30年を超えるベテランでした。 年齢を聞いてビックリなんと80歳! ぜんぜんそんなお歳には見えず若々しい方でした。

本題に入りますが、施術勉強会は2時間ほどでしたが有意義な時間でした。今回の施術は、講師の方が説明されてましたが、どんな症例にも効果が望めるということでした。 施術自体はすごくシンプルで これならできると感じました。

勉強会の風景や施術時の写真を載せようとカメラを持参しましたが、撮影は許可されず載せることができませんでした。

24 / 25« 先頭...10...2122232425
Copyright(c) 池田市で整体ならBodyCare寛和堂 All Rights Reserved.